水月雨、日本発売が決まった平面駆動ドライバー&LDAC対応のANC完全ワイヤレスイヤホン『夢回 - Golden Ages』

MOONDROP_GOLDEN_AGES_release_01.jpg


2024年4月に発売された水月雨(MOONDROP)のイヤホン「夢回 - Golden Ages」。
特許取得済みの13mm径平面駆動ドライバー、LDAC/LC3コーデック対応、最大-44dBのアクティブノイズキャンセリング、MOONDROP Link 2.0アプリ対応、などを特徴とする完全ワイヤレスイヤホン。海外では3月ごろに出回っていたものですが日本でも発売が決まったようです。

【公式サイト】MOONDROP GOLDEN AGES True Wireless Stereo | MOONDROP Official Website



MOONDROP_GOLDEN_AGES_release_02.jpg


MOONDROP_GOLDEN_AGES_release_03.jpg


MOONDROP_GOLDEN_AGES_release_04.jpg


MOONDROP_GOLDEN_AGES_release_05.jpg


MOONDROP_GOLDEN_AGES_release_06.jpg
(via weibo)


製品の詳細は以前投稿した記事(水月雨、初代ウォークマンデザインで平面駆動ドライバーやLDAC対応も特徴とするANC完全ワイヤレスイヤホン『GOLDEN AGES』)を参考に。製品レポートによれば、LDACコーデックとアプリのプリセットをフル活用で聴くと完全ワイヤレスらしからぬバランスの良さと音場の広いサウンドを実現している、ANCをはじめ機能面は良く言っても及第点で音質重視のものとして見た方がいい、とのこと。

価格は取り扱いを開始しているストアだと現在14,000円弱で販売中。拠点の中国でも日本円換算で10,000円を超えるものですから、代理店を経由しての販売を考えると許容範囲ではないかと。また、同社の完全ワイヤレスイヤホンを買い続けている人によれば「SPACE TRAVEL」(AD)と比べたら音質も機能も全てにおいて優っており過去一番の良作だと評価していたので、水月雨の音が好きで既製品を使っている人は試す価値ありだと思います。

【関連記事】『水月雨 夢回 - Golden Ages』レビューチェック ~音質は過去一番と評される平面駆動ドライバー&LDAC対応のANC完全ワイヤレスイヤホン