『水月雨 竹-CHU2』 レビューチェック ~女性ボーカルの表現が高く評価される第2世代モデルの有線イヤホン

MOONDROP_CHU_II_08.jpg


2023年9月に発売された水月雨(MOONDROP)のイヤホン「竹-CHU2」。
竹-CHU」の後継機で第2世代モデルとなる有線イヤホン。今作も亜鉛合金製の筐体は”竹”をモチーフにしたデザインになっていますが、真鍮金メッキノズルや0.78mm-2Pinコネクターでのリケーブル対応などモデルチェンジと言えるほど色々変わっている模様。ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】MOONDROP CHU II In-Ear Monitor | MOONDROP Official Website

画像


MOONDROP_CHU_II_09.jpg


MOONDROP_CHU_II_10.jpg


MOONDROP_CHU_II_11.jpg


MOONDROP_CHU_II_12.jpg


MOONDROP_CHU_II_13.jpg


MOONDROP_CHU_II_14.jpg


MOONDROP_CHU_II_15.jpg


MOONDROP_CHU_II_16.jpg


MOONDROP_CHU_II_17.jpg
(via weibo/zhihu)

製品仕様


ドライバー:10mm径ダイナミック型
再生周波数帯域:15 - 38,000Hz
感度:119dB/Vrms
インピーダンス:18Ω
コネクター:0.78mm-2Pin
プラグ:3.5mm


各所の反応


[1]
水月雨、ハイエンド素材採用で5100円のエントリーイヤフォン「竹 CHU2」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1528126.html




[2]
水月雨の竹-CHU 2試聴してきた
前作も名機だったけど今作は更に音質が良い
縦の音場も広がり高域の艶の良さがエントリーの質感を越えてる
リケーブルできるようになったし長く使えるところも良い




[3]
水月雨の竹2聴いたけど
高域の艶やかさに加えて意外と低音のパワーもある
でもドンシャリにはならない匙加減の巧さはさすが
なかなか良かったので買っちゃった




[4]
竹 CHU 2届いた、箱の女の子が相変わらず可愛い
音質は箱だしの時点で綺麗でバランス良く
なんというか音色に優しさが感じられる




[5]
竹 CHU2は水月雨とは思えないほど低音出るので
先代から進化したというよりは全くの別物と思った方がいい
高音キレイ低音イケメンな女性ボーカルに合うイヤホンだよ




[6]
水月雨の竹 CHU2
この価格でこの音質は満足すぎる
IE 100 PROで満足してたのにコスパヤバくて突き詰めそうになるので怖い…




[7]
水月雨 竹 CHU 2
一言で評すなら艶やかなボーカル重視のイヤホンです

音質は低域の質感も量感も十分、強烈な低音ではないですけど抑制のきいた低音
中音域は艷やかさを感じる音で特にボーカルの帯域が気持ちよく聴けます
高域は金属音もしっかり出てますが刺さりはなく音の質感も広がりも十分
音場は適度に広くて定位感はやや前方

小ぶりな金属筐体で装着感はかなり良いです
長時間装着していると痛みを感じることが多いのですが
このイヤホンなら痛くならなそう
デザインのワンポイントも上品で良い感じ
付属ケーブルとイヤピは可もなく不可もなく

特に弱点らしい弱点もなくこの価格帯ならこれがベストじゃね?と思いました
個人的には女性ボーカルが気持ちよく聴けました
暖色系でボーカルの引き立つイヤホンです




[8]
竹-CHU 2は重心のしっかりした音で上手いまとめ方してる
中低音の音にフォーカスされていて高音は刺激のない自然な音抜け
声の聴きごたえもあり
5,000円でリケーブル可能でこの音なら良いイヤホンですね




[9]
水月雨の新製品、竹-CHU2とStarfierd2を聴き比べたけど
竹-CHU2は音がややゴチャっとして聞こえるのに対し
Starfield IIはすべての音がまとまり良くスッと入ってくる
この違いどこから来るんだろうか・・・価格4倍だから仕方ないのかな




[10]
竹-CHU2届いた
初代も持ってるけど一回り小さくなり、取り回しや装着感が向上してる
ケーブル着脱も問題なく素晴らしいクオリティだと思う




[11]
竹2は音も良いけど耳に収まりが良くてクセになってる
最初開封した時には重いってのが第一印象だったのに
耳に入れみると何故か安定してる

ただ、ステム?が太くて6mm位あって
持ってる低反発のイヤーピース全部使えないのが困りもの




[12]
竹-CHU2もだけど中華イヤホン進化が恐ろしいくらい止まらんな



[13]
低価格イヤホンの音質が良くなりすぎてて全体のハードル上がってきたな
2000~3000円くらいのイヤホンで1万円以上の音がするってレビューあるけど
今やそのくらい鳴れて当たり前感が出てきてる




[14]
>>13
それわかる
去年あたりから明らかに音良いやつ増えたけど竹2で最近またハードル上がったわ
特に1DDに関してはエントリーと差が縮まり過ぎて価格正当化できなくなってるよな
前は3万前後のやつメインで買ってたけど、もう全然そんな金額出す気にならない




[15]
ZSN Pro Xで満足はしているが更に先が欲しい
おすすめのイヤホン教えて




[16]
>>15
先を望むなら竹-CHU2で決まり




[17]
Aria持ってるんだけど竹2買おうかなあ



[18]
>>17
竹2の女性ボーカルは5000円前後では凄くいいと思うけど
さすがにAriaと比べると音の厚みも解像感も大きな違いがある
ステップアップしたいならKatoにいった方がいいと思う




[19]
竹 CHU2はきれいな中高音
女性ボーカルとかバイオリンとかピアノとかを求めるなら後悔しないと思う
特に女性ボーカルはホントいい






アルミニウムマグネシウム合金ドーム複合振動板を採用した10mm径ダイナミックドライバー、高剛性と高級感を兼ね備えた合金鋳造成型筐体、CNC加工の真鍮金メッキノズル、交換可能な音響フィルター、科学理論と主観リスニングの融合チューニング、全帯域で0.05%以下の超低非線形歪み、リケーブル可能な0.78mm-2Pinコネクター採用、イヤーピース3セット・オーディオケーブル付属、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は高域がキレイで中音域は艶やかで低域は量感十分、この価格帯のハードルを上げるような音の良さで特に女性ボーカルの表現がすごくいい、筐体は先代より少しコンパクトになって装着感や取り回しは良くなった、付属のイヤーピースやケーブルは特筆するようなものではない、同価格帯の中ではかなり良い部類だが一緒に発売された「Starfield 2」(AA)など同社の上位モデルとは明確な差がある、といった内容。

「竹-CHU2」は現在4,600円前後の価格で販売中。先代から進化したのではなく別物になっているという声もあったり付属品はダウングレードしたとも言えるので、何もかもが良くなったわけではなさそう。でも音の良さはさらに向上した感があって特に女性ボーカルは大半の人が高く評価していましたし、価格も先代とあまり変わらずで低価格と言える範囲ですから音が好みそうだと思うなら価格以上のパフォーマンスが期待できるのではないかと。難点を挙げるなら発売直後から在庫切れが続いているので再入荷まで時間がかかるかもしれません。