Logitech、毎分400文字の音声入力に対応したワイヤレスマウス『VOICE M380』

Logitech_VOICE_M380_01.jpg


海外で見かけたLogitechのマウス「VOICE M380」。
現時点で公式サイトに製品情報は公開されておらず、中国のイベントで先行発表があったワイヤレスマウス。「M336/M337」がベースとなっているもので毎分400文字の音声入力に対応する機能を主な特徴としているモデルです。

Logitech: Wireless Mouse, Keyboards, Headsets & Video Conferencing
https://www.logitech.com/en-us





Logitech_VOICE_M380_02.jpg


Logitech_VOICE_M380_03.jpg


Logitech_VOICE_M380_04.jpg


Logitech_VOICE_M380_05.jpg


Logitech_VOICE_M380_06.jpg


Logitech_VOICE_M380_07.jpg
(via weibo)

Unifying対応の2.4GHzワイヤレス、解像度:1000DPIの光学式センサー採用、単三電池1本で最大18か月持つロングバッテリー、毎分400文字の音声入力に対応するAI機能&すぐに起動する専用ボタン搭載、現時点で判明している仕様・特徴は以上。音声入力に関してはBaiduと共同開発した機能で、一通りの中国語と英語・日本語に対応&それぞれ翻訳して入力も可能とのこと。ただ、Baiduの専用ソフトウェアを導入する事が前提になっているので、もしかしたら他国では発売されないかも。音声入力に対応したマウスは過去にあったような気もしますが、こういうニッチなものをLogitechが出してきたというのはちょっと驚きですし、完成度が高ければ中国だけに留まらないかもしれませんね。




Logicool(ロジクール)
売り上げランキング:720