『ロジクール PRO X TKL LIGHTSPEED』レビューチェック ~捉え方次第で評価が変わるワイヤレスのTKLメカニカルゲーミングキーボード

Logicool_G_PRO_X_TKL_LIGHTSPEED_01.jpg


2023年10月に発売されたロジクールのキーボード「PRO X TKL LIGHTSPEED」。
PRO X SUPERLIGHT 2」と共に登場したG PROシリーズのメカニカルゲーミングキーボード。この系統では初となるLIGHTSPEEDワイヤレスに対応したテンキーレスモデルで、GXキースイッチやPBTキーキャップの採用それにメディアコントロール搭載なども特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】ロジクールG PRO X TKLワイヤレスゲーミングキーボード

画像


Logicool_G_PRO_X_TKL_LIGHTSPEED_02.jpg


Logicool_G_PRO_X_TKL_LIGHTSPEED_03.jpg


Logicool_G_PRO_X_TKL_LIGHTSPEED_04.jpg


Logicool_G_PRO_X_TKL_LIGHTSPEED_05.jpg


Logicool_G_PRO_X_TKL_LIGHTSPEED_06.jpg


Logicool_G_PRO_X_TKL_LIGHTSPEED_07.jpg


Logicool_G_PRO_X_TKL_LIGHTSPEED_08.jpg
(via twitter)

製品仕様


通信方式:2.4GHz/Bluetooth
キースイッチ:メカニカル(タクタイル・リニアの2種)
キー耐久性:7000万回
キーキャップ:PBT
キーレイアウト:日本語配列
電池寿命:最大50時間
インターフェイス:USB Type-C
サイズ:幅352x奥行き150x高さ34mm
重量:960g


メディア・レビューサイト


ロジクール、60gの無線ゲーミングマウス「PRO X Superlight 2」。高耐久キーボードも - PC Watch

ロジクール Gのテンキーレス無線キーボード「PRO X TKL」が発売 - AKIBA PC Hotline!

「Logicool G PRO X TKL LIGHTSPEED」レビュー | Cタケのゲーム部屋

Logicool G PRO X TKL LIGHTSPEED レビュー ゲーミングキーボードがワイヤレス化で快適に! - ユキのメモ



プロから着想を得たテンキーレスデザイン、高速・省電力を実現したLIGHTSPEEDワイヤレステクノロジー、耐久性7000万回のGXキースイッチ採用、デュアルショットPBTキーキャップ採用、LIGHTSYNC RGB対応のキーバックライト搭載、専用メディアキー・ボリュームローラー搭載、アルミニウム合金プレート採用、G HUBソフトウェア対応、USB-Cケーブル・キャリングケース・ドングル延長アダプター付属、ブラック・ホワイト・マゼンタの3色、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は数名いましたが、メディアキーなどを除けば標準的なテンキーレスで全体的に質感が良い、キースイッチは新要素がない普通のタイプで使用感も含めて特筆する点はない、キースイッチはカラーによってラインナップが異なるので注意(ホワイト・マゼンタはタクタイルのみ)、ワイヤレス接続は普通に使うなら遅延が少なく感じられて安定している、フレームはフローティングデザインだがキースイッチは出ているので高さはそれなりにある、ライティングはキレイで設定がソフトウェアで色々できる、eスポーツ用としてはオススメしづらいがテンキーレス・日本語配列・ワイヤレス・良デザインのゲーミングキーボードを求めている人にはオススメできる、といった内容。

各所の反応


[1]
ロジのG Pro X TKL
4年振りに出したゲーミングキーボードとして微妙すぎでは?
3万円近くするくせにKailhのスイッチで安っぽいビニールケーブル
一方で謎に金かかってそうなキャリングケースが付いてる
金かけるところとゲーマーのニーズが合ってない気がする
質に対する金のかけ方に疑問しかなくてブランドイメージ損ないそう

ラピッドトリガー非搭載なのはデカい企業だからフットワーク重いのかもしれんけど
それ言ったらRazerはHuntsmanでちゃんと出してるから言い訳にならんし




[2]
ラピトリ必要ない場合なら
これはこれでありだと思うわPRO X TKL




[3]
でもG PRO X TKLは今の時代にしてはAP長くね?
OWで変わるかは分からないが




[4]
GPROのキーボードはプロユースレベルで何時でも買えるって時点で
未だにトップクラスではあるけどRazerには負けてる気がする




[5]
ラピトリでしかできない撃ち合い方はあるけど
G PROのキーボードでクソ強いプロもたくさんいるから
ラピトリが必須でなければ無理してトレンドを追う必要はない
むしろ金ケチって価格なりだったりバグも多い製品選ぶのは本末転倒




[6]
FPSやらないのでラピトリとかAPにそこまで興味ないから
G PRO X TKLはいいと思う




[7]
G PRO X TKL買った
普通にヴァロのプレイヤーだけどロジ信者力の方が勝った
質感いいから満足感ある




[8]
G913TKLでもう満足してたんだがG PRO X TKLもええなぁ
接続端子がUSB-Cになった事
キーキャップがデュアルショットPBTになった事
G913TKL比だとこの2点は魅力的すぎる




[9]
普段使いの利便性も重視で選ぶならPRO X TKLは十分あり



[10]
PRO X TKL展示されてたから触ってきたけど
スイッチはリニアよりタクタイルの方が打鍵感が良かった




[11]
G PRO X TKL届いた
画像よりも全体的に作りは良かったけど
工場で加工したかのような跡が少し残ってるようなところもあって
Huntsman V2 Proの方が明らかに高級感や出来がいい

付属のケースはなりしっかりした作りで驚いた
これだけで5000円ほどかかってそうなぐらい
でも使わないから無用の長物なんだけど




[12]
G PRO X TKL LIGHTSPEED届いたので早速使おうとしたらG HUBで認識されず
まさかと思って前から入れていたG HUBを設定ごとアンインストールして
最新版をインストールし直したらすんなり認識された
相変わらずアレなところがあるなG HUB




[13]
logicool PRO X TKL触ってきた
出来が色々と良いしカラバリも良いしサイズ感も絶妙だったけど
この出来で磁気か光学式のスイッチ採用したものだったら完璧だった




[14]
PRO X TKL買ったけどG913 TKL比ならとてもいいキーボード
913の不満部分が解消したしデザインも締まってて良い
無駄に高そうなキャリングケースが同梱されていること以外は文句なし






各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。新製品のeスポーツ用にしてはラピッドトリガー機能がないしアクチュエーションポイントも普通で時代に合ってない、キーボード自体の出来は良いし品質も高い、同社の「G913 TKL」(AA)と比べて薄型ではないがPBTキーキャップやUSB-C端子に変わった点は魅力的、キャリングケースの出来もかなり良いが無駄にコストをかけているとも言える、eスポーツシーンのトレンドは重視していなくて普段使いも考慮したゲーミングキーボードを求めているなら十分あり、といった内容。

G PROシリーズは世界トップクラスの人気を得ていたゲーミングマウスに対してゲーミングキーボードの方は以前から中の上みたいなものばかりだったので、当機も今までどおり良くも悪くもマイペースで出してきた感があり。でも今のeスポーツシーンは磁気スイッチやラピッドトリガーなどで大いに賑わっているのに、eスポーツ用のシリーズでありながらトレンドをほとんど取り入れてないものを出してきたのはさすがに鈍感な気もするでしょうか。でもトレンド云々は抜きにして一つのゲーミングキーボードとして見れば何か悪いわけでもないので捉え方次第ですかね。「PRO X TKL LIGHTSPEED」は現在28,000円前後の価格で販売されています。