LIAN LI、サイドだけでなくトップもシームレスになっている3面ガラスパネルのPCケース『O11 VISION』

LIAN_LI_O11_VISION_01.jpg


海外で見かけたLIAN LIのPCケース「O11 VISION」。
ディスプレイタイプの先駆者でありながらシームレスな2面ガラスパネルのPCケースは他社に後れを取る形になったLIAN LIですが、これはサイドの2面だけでなくトップもシームレスになっている3面ガラスパネルのモデル。今年6月の見本市に参考出展されていたものが既に製品化されていました。

【公式サイト】LIAN LI is a Leading Provider of PC Cases | Computer Cases | PC Build | Gaming Cases



LIAN_LI_O11_VISION_02.jpg


LIAN_LI_O11_VISION_03.jpg


LIAN_LI_O11_VISION_04.jpg


LIAN_LI_O11_VISION_05.jpg


LIAN_LI_O11_VISION_06.jpg


LIAN_LI_O11_VISION_07.jpg
(via xfastest)

対応マザーボード:E-ATX/ATX/MicroATX/Mini-ITX、ドライブベイ:2.5/3.5インチx2・2.5インチx3、I/O:USB Type-C・USB 3.2 x2・Audio in/out、水冷ラジエーター:最大360mm対応、ビデオカード:最大455mm対応、CPUクーラー:全高167mm対応、電源:ATX/最大220mm対応、ファン:最大8基搭載可能、サイズ:幅304x高さ464.5x奥行き480mm、主な仕様は以上。カラーはブラック・ホワイトの2色。ガラスパネルに関してはサイド2面が4mm厚でトップが3mm厚、パネルが重なる部分に補強パーツが設けられていて耐荷重は最大35kg。

トップもガラスパネルになっているPCケースはNZXTの「H9 Elite」(AA)が出ていますが、H9 Eliteはトップまでシームレスになっていませんから似て非なるもの。2面ガラスパネルよりも視界がさらに広がってショーケース感もアップ、でもここまでやるとガラスで覆ったオープンフレームケースみたいなものだなとも思ったり。中国では既に発売されており台湾では近日中に発売予定、価格は台湾だと4,299ニュー台湾ドル(約20,000円)とのことです。