LG、日本発売が決まった49インチ Nano IPSパネル DQHD 144Hzスーパーウルトラワイドモニター『49WQ95C-W』

LG_49WQ95C-W_01.jpg


2024年1月に発売されるLGの49インチ液晶モニター「49WQ95C-W」。
解像度:5120x1440のNano IPSパネル採用で一般向けでありながらリフレッシュレート144Hzなどゲーム用途でも通用するスペックを備えたハイエンドクラスのスーパーウルトラワイドモニター。海外では昨年に製品が出ていましたが日本でもようやく発売が決まったようです。

【公式サイト】49WQ95C-W | モニター | LGエレクトロニクス・ジャパン | LG JP



LG_49WQ95C-W_02.jpg


LG_49WQ95C-W_03.jpg


LG_49WQ95C-W_04.jpg


LG_49WQ95C-W_05.jpg


LG_49WQ95C-W_06.jpg


LG_49WQ95C-W_07.jpg
(via milkandnut523)

画面サイズ:49インチ、パネル:IPS、解像度:5120x1440、輝度:400 cd/m2、コントラスト比:1000:1、応答速度:5ms(GTG)、視野角:178/178、映像端子:HDMI/DisplayPort/USB Type-C、主な仕様は以上。曲率3800Rのスーパーウルトラワイドスクリーン、純度の高い色再現が可能なNano IPSパネル、リフレッシュレート144Hz、FreeSync Premium Pro/G-SYNC Compatible対応、VESA DisplayHDR 400認証、HDMI 2.1対応、ブラックスタビライザー・DASモードなどのゲーム機能、10Wx2スピーカー・自動輝度センサー・KVMスイッチ・PIP/PBPモード搭載、最大90W給電に対応したUSB Type-C、などが特徴。

価格は現在240,000円前後で予約受付中。内容的にゲーミングモニターとしても通用するスペック・・・でもその用途なら10月に発売された「49GR85DC-B」(AA)を素直に買った方がいいかと。しかしそのゲーミングモニターに多い1000R~1800Rのキツい湾曲ではなく3800Rの緩やかな湾曲である事、一般向けのスーパーウルトラワイドは数少ないうえに同スペックの他社製品はまだ存在しない事、条件次第ではこの一択になりそうです。