LG、筐体がリニューアルされた31.5インチ IPSパネル WQHD 165Hzゲーミングモニター『32GR75Q』

LG_32GR75Q_01.jpg


海外で見かけたLGの31.5インチ液晶モニター「32GR75Q」。
日本だと2022年に発売された「32GP750-B」のリニューアル版になると思われる解像度:2560x1440のIPSパネル採用でリフレッシュレート165Hzのゲーミングモニター。性能や機能は32GP750-Bとほぼ同じと言っていい内容ですが、筐体は新しいデザインにリニューアルされています。

【公式サイト】LG 울트라기어 게이밍모니터 | 32GR75Q | LG전자



LG_32GR75Q_02.jpg


LG_32GR75Q_03.jpg


LG_32GR75Q_04.jpg


LG_32GR75Q_05.jpg


LG_32GR75Q_06.jpg


LG_32GR75Q_07.jpg
(via gamja321)

画面サイズ:31.5インチ、パネル:IPS、解像度:2560x1440、輝度:400 cd/m2、コントラスト比:1000:1、応答速度:1ms(GTG)、視野角:178/178、映像端子:HDMI x2/DisplayPort、主な仕様は以上。リフレッシュレート165Hz、ディスプレイ同期技術・FreeSync Premium/G-SYNC Compatible対応、VESA DisplayHDR 400認証・HDR Effectモード搭載、DASモード・ブラックスタビライザーなどのゲーム機能、強化されたゲームGUI、OnScreen Controlソフトウェア対応、などが特徴。

価格は情報が出ている韓国の公式サイトだと現在579,400ウォン(約64,000円)。冒頭で述べたとおり性能や機能は32GP750-Bとほぼ同じ内容で筐体を変えただけという印象ですが、その筐体はこちらの方が断然いい感じ。レッドのアクセントは使ってないシンプルなマットブラックで画面下のロゴはLGではなくUltraGearで全然目立たない外観、筐体だけリニューアルでも十分な気がするでしょうか。最近のゲーミングデバイスは派手なスタイルから一転してシンプルなスタイルにシフトしているのを改めて感じる一品でもあります。