LG、33,000円で販売開始される31.5インチ/VA/WQHD/165Hzゲーミングモニター『32GN600-B』

LG_32GN600-B_01.jpg


2020年12月に発売されるLGの31.5インチ液晶モニター「32GN600-B」。
32GK650F-B」の後継機となるであろうVAパネル採用&解像度:2560x1440でリフレッシュレート165Hzのゲーミングモニター。各ショップにて33,000円台で予約販売が開始されており、スペックを考えるとかなり割安感のあるモデルです。

32GN600-B | モニター | LGエレクトロニクス・ジャパン
https://www.lg.com/jp/monitor/lg-32gn600-b





LG_32GN600-B_02.jpg


LG_32GN600-B_03.jpg


LG_32GN600-B_04.jpg


LG_32GN600-B_05.jpg


LG_32GN600-B_06.jpg


LG_32GN600-B_07.jpg


LG_32GN600-B_08.jpg
(via Youtube)

画面サイズ:31.5インチ、パネル:VA、解像度:2560x1440、輝度:350 cd/m2、コントラスト比:3000:1、応答速度:5ms(GTG)、視野角:178/178、映像端子:HDMIx2/DisplayPort、主な仕様は以上。リフレッシュレート165Hz、FreeSync Premium対応、HDR10サポート、残像感を軽減する1ms Motion Blur Reduction、ラグを抑えるDASモード、画面の視認性を高めるブラックスタビライザー、AIMポイントを表示するクロスヘア、フリッカーセーフ・ブルーライト低減モード、PCソフトウェア・OnScreen Control、などが特徴。

32GK650F-Bと比べて退化している点はチルト調整だけになったスタンド(※高性能スタンド版の32GN650-Bが海外で存在する)。でもマイナス要素はそれくらいで色々と強化・追加されていますし、32GK650F-Bが50,000円前後で販売開始された事を考えると33,000円台は驚くべき安さ。参考に同スペックと言えるGIGABYTEの「G32QC」(AA)は曲面スクリーンの違いがあるけれども現在47,000円台、同価格帯に位置するMSIの「Optix G32C4」(VC)はフルHDモデル、そのあたりを比較対象にするとどれだけ安いかよくわかりますね。

<関連記事>LG 『32GN600-B』 レビューチェック ~割安感が魅力的な31.5インチ/VA/WQHD/165Hzゲーミングモニター