Bose、コラボモデルで出してきたクリップタイプのオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン『Kith for Bose Ultra Open Earbuds』

Kith_for_Bose_Ultra_Open_Earbuds_01.jpg


海外で見かけたBoseのイヤホン「Kith for Bose Ultra Open Earbuds」。
QuietComfort Ultra Earbuds」に続く完全ワイヤレスイヤホンは自身初のオープンイヤー型であり、有名どころの製品だとまだ数少ないイヤーカフデザインのクリックタイプになっているモデル。自身の名義ではなくアパレルブランドとのコラボ品で出すようです。

【公式サイト】Introducing Ultra Open Earbuds with Kith Collab | Bose



Kith_for_Bose_Ultra_Open_Earbuds_02.jpg


Kith_for_Bose_Ultra_Open_Earbuds_03.jpg


Kith_for_Bose_Ultra_Open_Earbuds_04.jpg



Kithのロゴを入れたコラボモデル、洗練されたマットブラックのイヤーカフデザイン、独自のOpenAudio技術により豊かでプライベートなサウンドを提供、音楽の臨場感を実現するBoseイマーシブオーディオ、約7.5時間の再生時間、公開されている仕様・特徴は以上。発売はKithのストア(Kith Tokyo含む)で1月22日から数量限定で販売、価格は北米で300ドルとのこと。

Boseが自身の名義でこの完全ワイヤレスイヤホンを出すのかはまだ不明ですが、新型をコラボモデルだけで終わらすとはちょっと考えにくいので後から出してくるのではないかと。クリックタイプのオープンイヤー型は有名どころの製品だとHUAWEIの「FreeClip」しか出ていない状況。そこにBoseが投入してきたとなれば注目度が全然違ってくるでしょうし、後を追うメーカーも出てくるでしょうね。

【関連記事】Bose、日本発売が決まったイヤーカフタイプのオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン『Bose Ultra Open Earbuds』