Keychron、製品が出回りだしたマグネシウム合金シェルのワイヤレスマウス『Keychron M3 Mini Metal Edition』

Keychron_M3_Mini_Metal_Edition_01.jpg


海外で見かけたKeychronのマウス「Keychron M3 Mini Metal Edition」。
Keychron M3 Mini 4K」のマグネシウム合金シェル版となるワイヤレスマウス。今年の10月に発表されていたもので発売に関しては公式サイトで取り扱っていたものの日時は曖昧ではっきりしていませんでしたが、入手報告を見かけたので製品は出回りだしたようです。

【公式サイト】Keychron M3 Mini Wireless Mouse - Metal Edition – Keychron



Keychron_M3_Mini_Metal_Edition_02.jpg


Keychron_M3_Mini_Metal_Edition_03.jpg


Keychron_M3_Mini_Metal_Edition_04.jpg


Keychron_M3_Mini_Metal_Edition_05.jpg


Keychron_M3_Mini_Metal_Edition_06.jpg


Keychron_M3_Mini_Metal_Edition_07.jpg
(via facebook)

表面が肉抜きされたマグネシウム合金シェル、PixArt PAW3395のセンサー採用、耐久性8000万回のHuano製マイクロスイッチ採用、2.4GHz/Bluetooth 5.1/USB-Cのトライモード接続、PTFEマウスソール採用、600mAhバッテリー内蔵、ポーリングレート4000Hz対応、キーボード型の専用レシーバー付属、サイズ:幅66.7x奥行き121.5x高さ40mm、重量:約64g、主な仕様・特徴は以上。公式サイトの価格は99ドルで今は完売の表示あり。

筐体以外の部分は通常モデルと共通、サイズは異なるようで当機の方が少し大きい模様。市場に出回っているマグネシウム合金シェルはいずれもゲーミングマウスでメリットは軽量なところですが、これはサイズが大きいとはいえ通常モデルより10g近くも重くてまったくメリットになっていない・・・。あくまでも一般向けのワイヤレスマウスという事でしょうか。限定品っぽいので追加販売はしないかもしれませんね。