『Kanto Audio YU2』画像など ~ようやく日本でも発売されたコンパクトサイズの人気デスクトップスピーカー

Kanto_Audio_YU2_01.jpg


2024年2月に発売されたKanto Audioのスピーカー「YU2」。
2010年代に登場して海外では定番機の一つと言ってもいいほど人気を得ていたコンパクトサイズのデスクトップスピーカー。日本で出回る事はないと思っていましたが完実電気が正規代理店になって取り扱うと昨年末に発表があり、そして先日ついに発売された模様。ちょっと見てみます。

【公式サイト】YU2 - Kanto Audio | 完実電気株式会社 | KANJITSU DENKI CO.,LTD



Kanto_Audio_YU2_02.jpg


Kanto_Audio_YU2_03.jpg


Kanto_Audio_YU2_04.jpg


Kanto_Audio_YU2_05.jpg


Kanto_Audio_YU2_06.jpg


Kanto_Audio_YU2_07.jpg


Kanto_Audio_YU2_08.jpg


Kanto_Audio_YU2_09.jpg


Kanto_Audio_YU2_10.jpg
(via Le blog des loisirs)


スピーカー:3/4インチ径ツイーター+3インチ径ウーファー、周波数特性:80Hz - 20kHz、RMS出力:合計50W、インターフェイス:3.5mm/USB/サブウーファー出力、サイズ:幅100x奥行き135x高さ150mm、重量:1.4kg/1.3kg、という仕様。デスクトップに最適なコンパクトサイズ、クリアで鮮明な高音域を奏でる3/4インチ径シルクドームツイーター、歪みのない中音域と低音域を奏でる3インチ径コンポジットウーファー、特別設計の背面バスポート、独自のDAC内蔵でUSB接続対応、別売りの純正スタンドあり、マットブラック・マットホワイト・ウォールナットの3色、などが特徴。

価格は現在34,000円台で販売中。海外では2013年末に発売されていたので新製品ではないどころか古い部類に入るものですが、サイズの割に迫力のあるサウンドで音のバランスも良くてリスニングならオールジャンルいけると今でも人気が高く、コンパクトサイズの白いデスクトップスピーカーは「Audioengine A2+」(AD)とこれの二択になっていた印象。A2+とはサイズがほぼ同じで明確に異なる点はインターフェイス類とBluetooth接続の有無、ワイヤレスでの使用を考えていないなら若干安いこちらの方がいいかと。Kanto Audioのスピーカーはこれより新しい製品がまだいくつかあるので、それらの発売も期待したいところです。