Kanto Audio、新型のコンパクトサイズでスタジオグレードのサウンドを謳うデスクトップスピーカー『ORA』

Kanto_Audio_ORA_01.jpg


海外で見かけたKanto Audioのスピーカー「ORA」。
海外のフォーラムサイトに投稿されていたPCデスクの写真を見ているとユーザーが結構多い印象を受けたKanto Audioのスピーカー、日本では完実電気が代理店となって正規品を先日から取り扱いだした模様。そのあたりの事情はさておき、これは最近リリースされたコンパクトサイズの新型モデルです。

【公式サイト】ORA Reference Desktop Computer Speakers | Kanto Audio



Kanto_Audio_ORA_02.jpg


Kanto_Audio_ORA_03.jpg


Kanto_Audio_ORA_04.jpg


Kanto_Audio_ORA_05.jpg
(via Youtube)


幅100x奥行き141x高さ175mmのコンパクトサイズ、オールブラックのシンプルなデザイン、3/4インチ径シルクドームツイーター+3インチ径ウーファーのスピーカー構成、最大出力:100W(RMS出力:50W)のクラスDバイアンプ、RCA/USB Type-Cでの有線接続対応、Bluetooth 5.0でのワイヤレス接続対応、サブウーファー出力端子搭載、別売りの純正スタンド取り付け可能、主な仕様・特徴は以上。

価格は北米だと現在349.99ドルで販売中。サイズに関しては同社の定番機となっているYU2よりほんの少し大きいようですが、バスレフポートの位置や大きさが違っていたりインターフェイス類は全然違っていたりと、カラー以外は新しいこちらの方が色々と良さげな印象。日本ではYU2とYU4の2製品が発売されたばかり・・・それらの反響が良ければこれを含む他の製品も取り扱うかもしれませんね。