JVC 『Victor HA-A20T』 レビューチェック ~Victorのエントリークラスとなる完全ワイヤレスイヤホン

JVC_Victor_HA-A20T_01.jpg


2023年5月に発売されたJVCのイヤホン「Victor HA-A20T」。
Victor HA-FX150T」に続くVictorブランドの新たな完全ワイヤレスイヤホンは現ラインナップのエントリークラスとなるモデル。シンプルなショートスティックのデザインでエントリーゆえにスペックシートを見ても特筆するような点はないものですが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】HA-A20T | ヘッドホン・イヤホン | Victor

画像


JVC_Victor_HA-A20T_02.jpg


JVC_Victor_HA-A20T_03.jpg


JVC_Victor_HA-A20T_04.jpg


JVC_Victor_HA-A20T_05.jpg


JVC_Victor_HA-A20T_06.jpg


JVC_Victor_HA-A20T_07.jpg
(via twitter)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.3
コーデック:SBC
連続再生時間:約7時間
充電時間:約2時間
ドライバー:6mm径ダイナミック型
防水性能:IPX4
重量(イヤホン):約4.2g
重量(ケース):約31.5g


各所の反応


[1]
ビクター、“コロンとした丸いデザイン” のスティック型完全ワイヤレス「HA-A20T」
https://www.phileweb.com/news/d-av/202305/11/58103.html

ビクター新完全ワイヤレスイヤホン「HA-A20T」実力速攻チェック!
https://www.phileweb.com/review/article/202305/15/5152.html




[2]
JVCのTWSイヤホンは安いの色々あるけど
Victorブランドはこれが一番安いので気になってる
HA-A20TとTW-E3Bどっちにしようか迷う




[3]
HA-A20Tは性能とかデザインとかそれなりだけど
ビクター犬のステッカーが付いてるのいいな




[4]
HA-A20T買ったけど凄く使いやすいよ
ノイキャンはなくても遮音性は高め
再生時間は7時間で必要十分
サウンドモードはオマケ程度
安いので気軽に使える




[5]
HA-A20Tは控えめなデザインだけど、その控えめなところが好印象
ニッパーくんのプリントが白なので主張しすぎずに存在感を出してる
定番のホワイトやブラックも良いけどパープルの淡い色合いも良い




[6]
HA-A20T
暖色系の音で良く言えば聴き疲れしないし
装着感の良さも含めて長く着けていられそう




[7]
安いTWSを新調しようかと思ってビクターのHA-A20T買ったけどなかなか良い。
ちょっと音が軽い気はするけどこの値段なら十分。
イヤホン自体が軽いのも良い。






イヤホン・ケースとも丸びを帯びたシンプルなデザイン、高磁力ネオジムマグネットを採用したダイナミックドライバー、3つのサウンドモード(NORMAL・BASS・CLEAR)、オートオン/オフ&オートコネクト機能、マイクミュート機能、最大24時間再生を可能とするバッテリーケース、イヤーピース4セット・オリジナルステッカー付属、ブラック・ホワイト・グリーン・パープルの4色、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。暖色系と言える音で軽くも感じるが聴き疲れしない、装着感が良いので長時間でも使えそう、遮音性は高め、サウンドモードはオマケ程度に考えておいた方がいい、シンプルなデザインも色合いの良いカラーリングも好印象、Victorブランドでも安いので気軽に使える、といった内容。

「Victor HA-A20T」は現在5,000円台の価格で販売中。最近は海外勢の製品だとこの価格帯でもANCとかLDACとかアプリ対応とか選べるので、そういうものに性能・機能の面でマウントを取れるような要素はこれといってないと思うのが正直なところ。何か強調できる点があるとすればブランドのネームバリューでしょうか。情報を巡っていてもVictorだから買ったという人が大半でしたし、安いからこそスペックよりブランドを重視するのは大事かもしれませんね。