JVC 『HA-A50T』 レビューチェック ~10.000円を切る同社初のNC完全ワイヤレスイヤホン

JVC_HA-A50T_01.jpg


2020年11月に発売されたJVCのイヤホン「HA-A50T」。
同社の製品ではこれが初となるノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。外音を取り込むタッチ&トーク機能も備えており、それで実売価格は10,000円を切っているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

ワイヤレスステレオヘッドセット HA-A50T | ヘッドホン・イヤホン | JVC
https://www.jvc.com/jp/headphone/lineup/ha-a50t/



画像


JVC_HA-A50T_02.jpg


JVC_HA-A50T_03.jpg


JVC_HA-A50T_04.jpg


JVC_HA-A50T_05.jpg


JVC_HA-A50T_06.jpg


JVC_HA-A50T_07.jpg

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.0
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP
コーデック:AAC/SBC
連続再生時間:約6時間(NCオン)/約8時間(NCオフ)
充電時間:約2.5時間
ドライバー:10mm径ダイナミック型
インターフェイス:USB Type-C(ケース)
重量:約7.1g(イヤホン)/約62g(ケース)


各所の反応


[#1]
JVC、ノイキャン搭載で約1万円の完全ワイヤレス「HA-A50T」
https://www.phileweb.com/news/d-av/202010/28/51401.html



[#2]
・1万
・音量調節可能
・ANCかつバッテリー持ち良好(6時間)

この価格帯の大定番きたか…?



[#3]
10mm口径ドライバーらしいがA10Tより音良くなってたらいいな



[#4]
A50T買ったけどNCの性能いいな
音もそんなに悪くない



[#5]
JVCのA50T届いた
フィット感がいまいちだけどノイキャン性能良さげ
これで電車内も快適に音楽聴けるといいな



[#6]
A50T今日届いた
今までATH-CKS5TW使っていた
音はオーディオテクニカより自然
ビクターの下がズンズンする感じはない



[#7]
a50tなかなか良かったよ
音場は広めのややドンシャリ。女性ボーカルはちょっと相性悪く感じた。
解像度は高くは感じなくて、モコモコした感じだから好き嫌いが別れると思うな。

肝心のノイキャンは十分効いてる。高音域はやっぱり消せてないけど...
本体は軽いし、ケースからもとりだしやすかった。
1番いいと思ったのはタッチセンサーなのにケースレス運用できるところかな。



[#8]
a50t、フィットさせるのムズすぎて耳に合わんかった



[#9]
A50Tのアナウンスが爆音で殺意は無いけどびっくりするよ
「アーンビエントサウンド ノイズキャンセリング」(爆音)



[#10]
A50T届いたわ
装着感は自分には合っててよかった



[#11]
A50Tが届いた
A10Tより高域が少なめでこもって聴こえる
低域はA10Tと同じかわずかに多い
音質はA10Tのがだいぶ良いように思うなあ
ノイキャンはPCのファンはほぼ無音になる
アナウンスうるせえ



[#12]
>>#11
ノイキャンは割とちゃんと効くってことかな?
アンダー1万で使えるNCが出てきたか



[#13]
>>#12
遠めに薄っすら聴こえる空調の低音(ブーンみたいな)とかほぼ完全に無音化できてると思う
人の声はイヤホン装着で自然に減衰してる分以外は普通に聴こえる
DAWのローパスフィルター使って試してみたら200Hzくらいまではかなり強く効いて
それより上はリニアに効きが弱くなってく感じ

価格コムのレビューでも言われてるけどやっぱり高音が弱くて
スカキン気味のEQでなんとか普通に聴けている



[#14]
A50Tのノイキャンは人の声くらいまでは少しマスクされて
甲高い高音はほとんどそのままだな
歩行者信号のピポピポ音とか電ノコみたいな高音の音はそのまま



[#15]
A50t軽く使ってみた
音は最近の中華twsに多いかまぼこ気味の低音重視
ノイキャンは3iやnb2には及ばない程度で、多分25から30dbの間くらい
あと本体がややデカイからウレタンイヤピじゃないと耳から落ちそうな感じがする



[#16]
安さに惹かれてJVCのHA-A50Tを買ってみたんだけど
ノイキャンちゃんと効くのが衝撃。音も問題ないよ。
音質は低音よりだけど、中高音重視の自分でも大丈夫な程度。
音場も少し広めに感じて聞きやすい。
値段的に気楽に使えるから外でのスタンダード使いになりそう。



[#17]
JVC HA-A50T確保
1万でお釣り来るし、ちゃんとノイキャン効いてアンビエントも自然
音は特段いいわけではないけど素直だし、この価格帯なら合格点





騒音を低減するノイズキャンセリング機能、外音を取り込んで装着したままでも会話しやすくするタッチ&トーク機能、低域から高域までバランスよく鳴る10mmドライバーユニット、安定した接続を実現するFPCアンテナ採用、オートオン/オフ&オートコネクト機能、高い遮音性を実現する低反発イヤーピース、IPX4の防水性能、最大3回分の充電が可能なバッテリーケース、ブラック・ブルー・トープの3色、などが特徴。付属品は低反発イヤーピース2セット・シリコンイヤーピース3セット・USBケーブル。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は低音寄りで音場が広めで解像度は高くないが悪くない、同シリーズの「HA-A10T」(AA)よりかは断然良い音、ノイズキャンセリングはちゃんと効いていて実用的だが甲高い高音は消せない、タッチ&トーク機能の外音取り込みは自然に聞こえる、装着感の良し悪しは人による、音声アナウンスは音が大きくてうるさい、音質もノイズキャンセリングも特にすごいわけではないが10,000円以下なら合格点が出せる、といった内容。

ノイズキャンセリングに関してはHUAWEIの「FreeBuds 3i」(AA)やEDIFIERの「TWS NB2」(AA)に及ばないと評す声もあり、そこまで良い印象を受けませんが悪いと断言する評価もないので割と使える程度に考えておけばいいのかなと。音質も似たような感じで絶賛するほどではないが悪くはないという評価になっていますし、全面的に良い意味で及第点の完全ワイヤレスイヤホンなのかも。何であれ大手国内メーカーのANC搭載モデルが10,000円以下はやっぱり魅力的に映るでしょうね。