JLab、史上最小クラスで外音取り込みや低遅延モードも備えた完全ワイヤレスイヤホン『JBuds Mini』

JLab_JBuds_Mini_01.jpg


2023年9月に発売されたJLabのイヤホン「JBuds Mini」。
製品は数多く出しているものの話題に上がる事は正直言ってあまりない印象を受けるJLabですが、これは先月リリースされた小型サイズを特徴とする完全ワイヤレスイヤホン。地域によっては世界最小・最軽量を謳っており、小さいながらも外音取り込みや低遅延モードなど機能は割と豊富に備えています。

【公式サイト】JLAB「 JBUDS MINI 」ワイヤレスイヤホン シリーズ最小のボディ



JLab_JBuds_Mini_02.jpg


JLab_JBuds_Mini_03.jpg


JLab_JBuds_Mini_04.jpg


JLab_JBuds_Mini_05.jpg


JLab_JBuds_Mini_06.jpg


JLab_JBuds_Mini_07.jpg
(via Amazon)

通信方式:Bluetooth 5.3、連続再生時間:約5.5時間、充電時間:約1.5時間、ドライバー:6㎜径ダイナミック型、防水性能:IP55、同社史上最小サイズのイヤホン&ケース、周囲の音を取り込める外音取り込み機能、3種のイコライザーをタップで選択できるミュージックモード、低遅延を実現するムービーモード、マルチポイント対応、イコライザー調整や各設定が行えるJLab soundアプリ、最大20時間再生を可能とするバッテリーケース、計5色のカラーラインナップ、主な仕様・特徴は以上。

小さい軽いを謳っておきながら重量は非公開だったりと少し引っかかる点もありますが、実際に計量しての重量は3.3gとのことなので睡眠用イヤープラグの類を除けば最軽量クラス。そしてサイズは「SOUNDPEATS Mini HS」(AA)と比べてもご覧のとおりはるかに小型で最小クラスである事は間違いないかと。そしてこれだけ小型サイズでも上記のとおり機能面は割と充実。寝ホンとしてなら結構良さげなものですね。価格は現在7,000円台で販売中です。