JBL、AIサウンドブーストやLE audio対応などを特徴とするシリーズ第4世代の大型Bluetoothスピーカー『JBL XTREME 4』

JBL_XTREME_4_01.jpg


海外で見かけたJBLのスピーカー「JBL XTREME 4」。
JBL XTREME 3」の後継機でシリーズ第4世代モデルとなるBluetoothスピーカー。デュアルパッシブラジエータ搭載でショルダーストラップが取り付けられるアウトドア向けの大型サイズは継承しており、AIサウンドブーストやLE audio対応それにアプリ対応を新たな特徴としています。

【公式サイト】JBL Expands Their Hottest Portable Lineup For a New Generation | HARMAN



JBL_XTREME_4_02.jpg


JBL_XTREME_4_03.jpg


JBL_XTREME_4_04.jpg


JBL_XTREME_4_05.jpg


JBL_XTREME_4_06.jpg
(via Youtube)


通信方式:Bluetooth 5.3(LE audio対応)、連続再生時間:最大24時間、IP67の防塵/防水性能、リアルタイムで分析して音響出力を最適化するAIサウンドブースト、Auracast対応、再生時間を最大6時間ほど長くできるPlaytime Boostモード、パワーバンク機能、JBL Portableアプリ対応、バッテリー交換可能、ショルダーストラップ取り付け可能、合計3色のカラーラインナップ、公開されている仕様・特徴は以上。北米は6月発売予定で価格は379.95ドルとのこと。

先代は気づけばもう3年近く前の製品という事もあって上記の情報だけでも色々と進化した感があり。展示されていた実機を見るにキャップレスUSB-Cとか3つのシンプルなボタンとかハード面も改良された感があり。世代交代までの期間が今までで一番長くなりましたがXTREMEみたいな主流ではない大型サイズでも新製品を出してきたとなると「JBL FLIP 6」(AA)の後継機も年内に出してくる可能性があると思います。

【関連記事】JBL、日本発売が決まったAI Sound Boost搭載を特徴とする第4世代の大型ポータブルBluetoothスピーカー『JBL XTREME 4』