『JBL LIVE 770NC』レビューチェック ~JBLらしいサウンドと独特なデザインが好評を得るANC搭載のBluetoothヘッドホン

JBL_LIVE_770NC_01.jpg


2023年10月に発売されたJBLのヘッドホン「JBL LIVE 770NC」。
現ラインナップの最新モデルでミドルレンジクラスのBluetoothヘッドホン。上位譲りのサウンドテクノロジーやリアルタイム補正機能付ノイズキャンセリングを主な特徴としており、ファブリックやメタリックのパーツを使用した”トーン・オン・トーン”デザインも目を引きますが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】JBL Live 770NC | ワイヤレスハイブリットノイズキャンセリングオーバーイヤーヘッドホン

画像


JBL_LIVE_770NC_02.jpg


JBL_LIVE_770NC_03.jpg


JBL_LIVE_770NC_04.jpg


JBL_LIVE_770NC_05.jpg


JBL_LIVE_770NC_06.jpg


JBL_LIVE_770NC_07.jpg


JBL_LIVE_770NC_08.jpg


JBL_LIVE_770NC_09.jpg


JBL_LIVE_770NC_10.jpg
(via zhihu)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.3
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP
コーデック:AAC/SBC
連続再生時間:最大50時間(ANC ON)・最大65時間(ANC OFF)
充電時間:約3時間
ドライバー:40mm径ダイナミック型
再生周波数帯域:20 - 20,000Hz
感度:100dB
インピーダンス:32Ω
インターフェイス:USB Type-C/AUX
重量:256g


各所の反応


[1]
JBL、リアルタイム補正NC搭載のヘッドフォン。2.2万円
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1536288.html




[2]
JBLやっぱりデザイン外してこないからすごいな



[3]
LIVE 770NC試聴した
音はJBLらしい低音ゴリゴリでバランスいいわけではない
側圧は強めで機能・素材は価格相応




[4]
JBLのLIVE770NC聴いたけど音はガッツリ味付けしてる
デザインは結構かっこいい




[5]
JBL LIVE 770NC届いた
箱出し直後の音質としては低音が多めのドンシャリサウンドに感じた




[6]
ヘッドホンあれこれ聴いてみて結局JBLのLIVE770NCにした
音も良いけどデザインが良いよなこれ
欠点を強いて挙げるならタッチセンサーくらいか
便利ではあるんだけど何かの拍子で触れるとと勝手に操作される
設定で切ってもいいんだけどね




[7]
JBLのヘッドホン2つ聴いた
LIVE 770 NCはドンシャリで低域の箱鳴りが強い
TUNE 770 NCも低域強いが高域のメリハリが弱い
TUNEの方が聴き疲れしないと思う
まぁアプリで音質変えれるからどうとでもなるんだけど




[8]
>>7
俺はTUNE770NCよりLIVE770NCの方が良かったな
見た目かっこいいしな




[9]
LIVE770NCの音がいいのはもちろんとして
着脱検知が付いてるのもポイント高い




[10]
LIVE770NCのノイキャンはゼンハイザーやソニーの上位機に比べたらイマイチかな
価格帯が違うから比較する相手も違うと言えるけど




[11]
LIVE770NCは派手な音でEDM聴くの楽しい
こんな音はJBLしか出せないんじゃないか




[12]
LIVE 770 NCいいね
音がちゃんとしてる
イコライザーで低音を最強まで増しても割れたりモコモコせず鳴らしてくる
ノイキャンは価格相応の性能
iPhoneとの接続が速いし安定してる
バッテリー持ちが長い






JBLならではの高音質を実現する40mm径ダイナミックドライバー、独自開発のJBL空間サウンド、強度をリアルタイムで補正するリアルタイム補正機能付ノイズキャンセリング、自動再生&一時停止を行う着脱検知機能、マルチポイント対応、JBL Headphonesアプリ対応、ファブリックやメタリックのパーツを使用した”トーン・オン・トーン”デザイン、ソフトな合成皮革を採用したイヤーパッド、12段階で長さを調整できるヘッドバンド、ブラック・ホワイト・ブルー・サンドストーンの計4色、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音はJBLらしい低音が強い派手なサウンド、ガッツリ味付けしていてバランスがいいわけではないがこの音はJBLしか出せない、アプリで極端なカスタマイズをしても音が割れたりモッサリになったりせずしっかり鳴る、「JBL TUNE 770NC」(AA)とは似たようなスペックだが音の個性は結構違う、ノイズキャンセリングは価格なりに思える性能でトップクラスには敵わない、見た目のカッコよさも長所、欠点を強いて挙げるならタッチセンサーをミスタッチする事があるくらい、といった内容。

コーデックがAACまでなのは相変わらずですがJBLらしい深く重い低音を奏でるサウンドも変わらずのようで、過去の製品では見られなかったファッション性の高いデザインも好評を得ている模様。価格相応と言われていたノイズキャンセリングはこの価格帯なら必要十分な性能を備えているのではないかと。あくまでもミドルレンジクラスなので過度な期待は禁物、でもそこを見誤らなければ音質・機能・デザインの三拍子揃った良きBluetoothヘッドホンだと思いますね。「JBL LIVE 770NC」は現在17,000円前後の価格で販売されています。