JBL、日本発売が決まったシリーズ第4世代の小型ポータブルBluetoothスピーカー『JBL GO 4』

JBL_GO_4_release_01.jpg


2024年4月に発売されるJBLのスピーカー「JBL GO 4」。
JBL GO 3」の後継機でシリーズ第4世代となる小型サイズのポータブルBluetoothスピーカー。先代が3年以上前の製品という事もあってLE Audio/Auracastそれにアプリ対応など製品情報を見ただけでも進化がうかがえるモデル。海外では先月末から出回っていましたが遅れる事なく日本でも発売が決まったようです。

【公式サイト】JBL Go 4 | ウルトラポータブルBluetoothスピーカー



JBL_GO_4_release_02.jpg


JBL_GO_4_release_03.jpg


JBL_GO_4_release_04.jpg


JBL_GO_4_release_05.jpg


JBL_GO_4_release_06.jpg



通信規格:Bluetooth 5.3、連続再生時間:約7時間、充電時間:約3時間、ドライバー:45mm径フルレンジ、RMS出力:4.2W、防水性能:IP67、サイズ:幅94.3x高さ75.7x奥行き42.2mm、重量:約192g、迫力のある低音を備えたウルトラポータブルJBLプロサウンド、最大9時間再生を可能とするプレイタイムブーストモード、2台でのワイヤレスステレオ再生対応、Auracastによるマルチスピーカー接続対応、LE Audio対応、JBL Portableアプリ対応、合計9色のカラーラインナップ、主な仕様・特徴は以上。

価格は取り扱いを開始しているストアだと現在7,700円で予約受付中。投稿されていた製品レポートによれば、先代よりも音質は向上していて数値で表すなら低音は10%くらい音量は20%くらい増加している感じ、LE Audioの恩恵は音質・遅延・接続安定性の面で大きい、とのこと。前述のとおり3年以上の時を経ての後継機なのであらゆる面が進化しているのは間違いなし・・・でもこのシリーズはかつて3,000円台が相場でしたから状況的に仕方ないとはいえ価格はどうしてもネックになりそうです。

【関連記事】『JBL GO 4』レビューチェック ~音質や使い勝手が向上したシリーズ第4世代の小型ポータブルBluetoothスピーカー