JBL、3年以上の時を経て登場したシリーズ第4世代のポータブルBluetoothスピーカー『JBL GO 4』

JBL_GO_4_01.jpg


海外で見かけたJBLのスピーカー「JBL GO 4」。
JBL CLIP 5」と共に先日のイベントで発表&展示があったポータブルBluetoothスピーカーで、こちらは「JBL GO 3」の後継機でありシリーズ第4世代となるモデル。先代と同じく丸みを帯びた四角形の手のひらサイズですが、3年以上も間隔が開いたのでスペックは色々と進化しています。

【公式サイト】JBL Expands Their Hottest Portable Lineup For a New Generation | HARMAN



JBL_GO_4_02.jpg


JBL_GO_4_03.jpg


JBL_GO_4_04.jpg


JBL_GO_4_05.jpg


JBL_GO_4_06.jpg


JBL_GO_4_07.jpg
(via Youtube)


通信方式:Bluetooth 5.3(LE audio対応)、連続再生時間:最大7時間、IP67の防塵/防水性能、Auracast対応、再生時間を最大2時間長くできるPlaytime Boostモード、JBL Portableアプリ対応、合計6色のカラーラインナップ、公開されている仕様・特徴は以上。北米は6月発売予定で価格は49.95ドルとのこと。

先代はBluetooth 5.1でコーデックはSBCのみで再生時間は約5時間だった事を考えると全面的に進化した感があり。そしてボトル型ではなく手のひらサイズのタイプでアプリに対応している点も注目すべき要素。後継機を待ち続けた同シリーズの既存ユーザーもこれだけ進化を遂げているなら待った甲斐があったでしょうね。

【関連記事】JBL、日本発売が決まったシリーズ第4世代の小型ポータブルBluetoothスピーカー『JBL GO 4』