『JBL BAR 1000』レビューチェック ~分離式サラウンドスピーカーも特徴とするサブウーファー付きの7.1.4chサウンドバー

JBL_BAR_1000_review_check_01.jpg


2022年11月に発売されたJBLのスピーカー「JBL BAR 1000」。
日本で発売されている最新のラインナップでは最上位モデルとなるサブウーファー付きのサウンドバー。分離式のワイヤレスサラウンドスピーカーも特徴としていて何か足さずとも7.1.4ch完全ワイヤレスサラウンドシステムを実現しているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】BAR 1000 | Dolby Atmos/DTS: X対応 7.1.4ch 完全ワイヤレスサラウンドシステム

画像


JBL_BAR_1000_review_check_02.jpg


JBL_BAR_1000_review_check_03.jpg


JBL_BAR_1000_review_check_04.jpg


JBL_BAR_1000_review_check_05.jpg


JBL_BAR_1000_review_check_06.jpg


JBL_BAR_1000_review_check_07.jpg


JBL_BAR_1000_review_check_08.jpg


JBL_BAR_1000_review_check_09.jpg
(via zhihu)

製品仕様


スピーカー(サウンドバー):ユニット計10基搭載
スピーカー(サラウンドスピーカー1台): 20mm径ツイーター・70mm径フルレンジ
スピーカー(サブウーファー):250mm径
対応フォーマット:Dolby Atmos/Dolby TrueHD/Dolby Digital Plus/Dolby Digital/DTS:X/DTS-HD Master Audio/DTS ES/DTS/AAC/LPCM
通信機能:Wi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax)・Bluetooth 5.0
インターフェイス:HDMI出力/HDMI入力x3/光デジタル入力/USB
リモコン:付属

サイズ(サウンドバー):幅1194x高さ56x奥行き125mm
サイズ(サブウーファー):幅305x高さ440.4x奥行き305mm
重量(サウンドバー): 3.7kg
重量(着脱式サラウンドスピーカー1台):1.4kg
重量(サブウーファー):10kg


各所の反応


[1]
JBL、バッテリ内蔵リアスピーカーが分離するサウンドバー「BAR 1000」一般発売
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1455696.html

「これ最強だろ」無線でバッテリ内蔵リアの究極サウンドバー、JBL「BAR 1000」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/review/review/1455391.html




[2]
BAR 1000めっちゃ惹かれるわ
今はBar 5.0使ってるんだけどステップアップする価値はありそう




[3]
JBL BAR1000
SWとRS付きで12万なら決して高くはない




[4]
JBLのBAR1000ポチったわ
賛否あるかもしれんけど俺の使用環境的にドンピシャな性能なんだよなあ




[5]
BAR 1000聴いてきたが音はいいと思うが正直どれくらい凄いのかよくわからん
ギミックは面白いがウーファーでかいな




[6]
BAR 1000届いた
Bose 900リアスピーカーセットより上からの音がちゃんと聞こえてサラウンド感があって楽しい

ワイヤレスだからキャリブレーションしやすい
キャブリレーション後にもEQや3Dサウンドの強さ変えられる
HDMI IN3端子あるの便利
サウンドバー上部が反射しない素材でいい
オーディオシンクがアプリで調整できる
スマートモード、ピュアボイスのバランスが自然

自分の環境で5.1chやアトモスで比べると
Bose 900の音よりBAR 1000の方が完成度高いと思う




[7]
>>6
Bose 900と比較した場合、背後や横からの音はかなり優れている感じですか?




[8]
>>7
背後や横からの音はBAR 1000の方がリアスピーカーのおかげでかなり優れて感じる
ただステレオだとBose 900の方が音の分離感が良くて綺麗に聴こえるかな




[9]
BAR 1000は声がめっちゃ聞きやすい
リアミュートでもかなり良い




[10]
BAR1000届いて色々BDを再生してみたけど劇中の歌声がいい感じに響いてたな
劇場で聴いた歌声に近かった




[11]
11万で買えたからBose 900+リアスピーカーからBAR1000に変えたけど
もし1300が出たとしてもこれ以上はもういらないかも
音もだけどBose 900よりも操作がわかりやすい
話題の遅延だって皆無だし個人的には買って正解だったと思ってる




[12]
自分は主にサブスクドラマ映画だけどBAR1000で幸せになれた



[13]
素人がちょっと頑張ってこだわりたくなったくらいなら
BAR1000が音質・コスパともに最高効率なのは間違いない




[14]
BAR 1000使ってるけどこの価格で擬似じゃないサラウンドができるのは利点
音は空間作りと重低音に意識行ってるのかあんまり好みじゃないかな
対応の映画を見るなら値段的に良しだけど
音楽聴くとかの用途にも使いたいなら他のサウンドバーの方が満足できるかも




[15]
BAR 5.0 MultiBeam.0からBAR 1000に変えて劇的に変わった
やっぱりリアとウーファーつくと違うなぁ




[16]
結局お手軽にサラウンド感求めるならBAR 1000でいいのかな?



[17]
>>16
あくまで値段なりのお手軽サラウンドって前提なら
BAR1000は価格にも配線的にもコスパ良いと思うよ
これ以上Atmosとかに拘るなら結局アンプ揃える方に行けって話だし




[18]
BAR 1000はほんと無難よなあ
費用対効果が良すぎ




[19]
BAR 1000が届いた
ちなみにこの前までBOSE 900(単体)が家にあったので簡単な比較

音質:BOSE 900 > BAR 1000
迫力:BAR 1000 > BOSE 900
横の広がり:BOSE 900 > BAR 1000
縦の広がり:BAR 1000 > BOSE 900
総合的なサラウンド感:BAR 1000 > BOSE 900
映画でのドキっとする感じ:BAR 1000 >>> BOSE 900

コスパはBAR 1000
金使ってフルで揃えれるならBOSE 900のが上
特に高音がBOSE 900の方が澄んでる




[20]
>>19
評価見る限りBAR 1000圧勝な感じですか?




[21]
>>20
物理的なリアがある事とサブウーファーの存在が大きいかなと
逆にリアやサブウーファーなしでのBOSE 900はとても頑張ってると思うし
単体限定なら絶対的におすすめできる
BOSE 900でサブウーファーとリアを揃えるならBAR 1000より良いと思う




[22]
オールインワンって観点で選びやすいんすよねBAR 1000
そこまで高くもないし




[23]
BAR 1000定位感いいね
映画観てるとめっちゃ楽しい




[24]
S517買おうと思ってたけど
少し頑張ってBAR1000買っとけばいい気がしてきた
後で何も足さなくていいし




[25]
2.1chのやつからBAR1000に乗り換え
スゲー満足してる




[26]
BAR 1000が100000円台になってたので買った
BAR 800で妥協しなくて良かった






サラウンドスピーカー含む合計15基のスピーカーを備えたサウンドバー、250mm径ドライバー搭載のワイヤレスサブウーファー、サウンドバーから着脱できる充電式ワイヤレスサラウンドスピーカー(リアスピーカー)、Dolby AtmosやDTS: Xと独自のMultiBeam技術による完全な立体音響空間を再現、セリフを明瞭に聞き取りやすくするPureVoiceテクノロジー、4K Dolby Visionパススルー対応、AirPlay 2・Alexa Multi-Room Music・Chromecast built-inなどのストリーミング再生に対応、Alexa・Googleアシスタントなどの音声アシスタント対応、ルームキャリブレーションなどの設定が行えるJBL ONEアプリ対応、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。疑似ではない7.1.4chサラウンドシステムなだけあって音の定位感や空間表現は素晴らしい、音質自体は映画視聴に重点を置いたような音作りで音楽再生にはあまり向かないかも、PureVoiceテクノロジーのおかげで音声はかなり聞き取りやすい、最初から一通り揃っていて何かを追加する必要もないオールインワンなところが何より良い、リアスピーカーとサブウーファーを追加したフル装備の「Bose Smart Soundbar 900」(AD)には及ばないかもしれないがこちらは最初からフル装備のアドバンテージがある、コストパフォーマンスは高いし完成形を手っ取り早く導入したい人に適している、といった内容。

「JBL BAR 1000」は現在120,000円台の価格で販売中、最安時は100,000円を切る事があった模様。最初は後に登場した下位モデルの「JBL BAR 800」(AD)をチェックしようと考えていたのですが、情報を巡っているとこちらの反響ばかり目に入って一時は両機の価格差がほとんどなかったようで、発売から1年以上経っていても全然良さそうだなと思ってこちらをチェックする事に。これより評価が高いものはサウンドバー単体が高額なうえにオプションをすべて揃えての話でしたし、コストパフォーマンスの高さは今でも確かに抜きん出ている印象。あれこれ悩まずに初手で完結させたい人には最適なものかもしれませんね。