『Jabra Elite 8 Active』 レビューチェック ~完全防塵&防水など世界で最もタフと謳う完全ワイヤレスイヤホン

Jabra_Elite_8_Active_08.jpg


2023年10月に発売されたJabraのイヤホン「Elite 8 Active」。
Elite 10」と共に登場した完全ワイヤレスイヤホンで、こちらは「Elite 7 Active」の後継機でありActiveシリーズの新フラッグシップ機となるスポーツ向けのモデル。防塵・防水性能は最高等級のIP68で世界最高の耐久性を追求したとも謳っていますが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】完全防塵・完全防水・耐汗性能 - 世界で最もタフなイヤホン* | Jabra Elite 8 Active

画像


Jabra_Elite_8_Active_09.jpg


Jabra_Elite_8_Active_10.jpg


Jabra_Elite_8_Active_11.jpg


Jabra_Elite_8_Active_12.jpg


Jabra_Elite_8_Active_13.jpg


Jabra_Elite_8_Active_14.jpg


Jabra_Elite_8_Active_15.jpg
(via facebook)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.3
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP
コーデック:AAC/SBC(LC3対応予定)
連続再生時間:約8時間(ANC ON)・約14時間(ANC OFF)
充電時間:最大3時間
ドライバー:6mm径ダイナミック型
再生周波数帯域:20 - 20,000Hz
防水性能:IP68
重量(イヤホン):5g
重量(ケース):46.4g


各所の反応


[1]
Jabra、ドルビーアトモス対応完全ワイヤレス「Elite10」10/12発売
“世界で最もタフ”「Elite 8 Active」も
https://www.phileweb.com/news/d-av/202309/28/59007.html

Jabraで“最もタフ”な完全ワイヤレス「Elite 8 Active」レビュー
抜群のフィット感でいつでも使える相棒に
https://www.phileweb.com/review/article/202310/19/5291.html




[2]
Elite 8 Active、ヨドにあったので試聴した。
ノイズキャンセリングとヒアスルーが選べるんだけど
ノイズキャンセリングはもちろんバッチリでヒアスルーも結構ちゃんと聞こえる。




[3]
JabraのElite 8とElite 10試聴したけど両方とも良い感じだったな
着け心地は7 Proより良かったし安くなったらどっちか欲しい




[4]
Jabraの新しいの2つとも試聴、Elite 8 Activeに軍配かな。
10は聴こえ方がなんか違和感あった。




[5]
Jabra Elite 8 Activeを買ったけど
過去の製品と比べて音が素直な感じになった気がする




[6]
Elite 8 Active届いた
使用前にアップデートも完了
空間オーディオはなんかか低音がなくなり
軽いとも浮いてるとも言える音になっている




[7]
Elite 7 ProユーザからしたらElite 10の再生時間は短く感じた
視聴した感じノイキャンの強さは7<8<10
連続再生8時間のElite 8 Activeで十分かも




[8]
セミオープン初体験ならElite 10はなんだこれ?ってなる可能性ある
Elite 8 Activeはスポーツ向けだけど無難と言えば無難




[9]
Jabra Elite 8 Activeを外や職場で使ってみたけど、これは良いものだよ。
まず長時間使っても疲れない。
素材と加工が良く小さくて耳への負担が少ないからずっと付けてられる。
音質は全域で聴きやすく刺さらない。
ANCはトップクラスには及ばないが十分。

物理ボタンで誤動作しないし感触もよい。
それでいて防水防塵などタフネス性はTWSでトップレベル。
気を使う点がなく快適で疲れずマジで一日中付けてられるなって感じ。
素晴らしい。

ただ、あんまり売れる気はしないんだよな。
これだけタフさと快適さが同居して音楽も音声もどちらも聴きやすくて
それが3万円超って安い!って自分は思うけど
客観的に見ればタフさを除けば音質もANCも優秀だけど尖った点はなくて
それに3万円超も出す人はあんまりいないとも思う。






米国MIL規格の環境耐久テストをクリアした完全防塵・完全防水・高耐久性のタフボディ、タフなトレーニングでも耳にしっかりと固定されるJabraシェークグリップ、広がりのあるクリアなオーディオを体感できるDolby Audioの空間オーディオ、従来より1.6倍も強力で周囲のノイズを遮断するアダプティブハイブリッドANC、周囲の音を取り込めるヒアスルー機能、計6基のマイクとノイズ抑制アルゴリズムによる優れた通話品質、スマートウォッチとの連携対応、マルチポイント対応、Jabra Sound+アプリ対応、最大32時間再生を可能とするバッテリーケース(防水性能:IP54)、計4色のカラーラインナップ、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。セミオープン型のElite 10と違ってこちらは普通のカナル型なので音はこちらの方が良いというか無難かもしれない、ANCの性能はElite 10に劣るが前世代の「Elite 7 Pro」(AA)には優る、ヒアスルーはちゃんと機能している、装着感はかなり快適で長時間でも疲れる事なく一日中付けていても大丈夫そう、総合的に優秀な部類に入るが完全ワイヤレスイヤホンとして性能も機能も尖った点はなくて一番のウリにしている”タフ”をどう捉えるかが一番のポイント、といった内容。

情報を巡っていると日本ではプロモーションに力をあまり入れていない印象で、タイプ的に特化型と言えるものでターゲット層も限られるでしょうから、現時点ではまだ反響が少ないのも腑に落ちるところ。でもそういえば先代のElite 7 Activeも後々になって大きな値下げと機能追加のアップデートがあった事を考えると、これもそういった動きがあってから評価も上がっていく流れになるかも。ちなみにIP68防塵防水の完全ワイヤレスイヤホンは過去を遡っても2つ3つしかなかったと思いますし、最新モデルでそれを特徴としているのは貴重と言えば貴重ですね。「Elite 8 Active」は現在32,000円台の価格で販売されています。