IRONCAT、Light² 200と同型で付属品が充実したハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス『INFINITY ONE』

IRONCAT_INFINITY_ONE_01.jpg


海外で見かけたIRONCATのマウス「INFINITY ONE」。
深圳に拠点の置く典型的な中華メーカーのハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス。Sharkoonの「Light² 200」、XENICSの「TITAN G AIR」、これらと同型になるモデルですが、ソールやグリップテープなど付属品はさらに充実しています。

INFINITY ONE-深圳市因科特电子信息有限公司
http://www.szironcat.com/infinity-one.html





IRONCAT_INFINITY_ONE_02.jpg



IRONCAT_INFINITY_ONE_03.jpg



IRONCAT_INFINITY_ONE_04.jpg



IRONCAT_INFINITY_ONE_05.jpg


Pixart PMW3389のセンサー採用、耐久性2000万回のオムロン製マイクロスイッチ採用、ハニカムデザインの軽量ボディ、トップカバー&DPIボタン交換可能、パラコードケーブル採用、テフロンソール採用、約1.52g×12個の錘で調整できるウエイトシステム、RGB LED搭載、交換用ソール・大判ソール・サイドグリップテープ付属、サイズ:幅66x奥行きx120x高さ42mm、重量:約63g、主な仕様・特徴は以上。

前述のとおり上記2モデルと同型のゲーミングマウスですが、もしかしたらここがOEM/ODM元=製造元の可能性あり。その2モデルにはなかった付属品がユニークで大判ソールは裏面全体を覆う前代未聞のビッグサイズ、サイドグリップテープはゲーマーの間で流行っているアイテムだけれども製品に付属しているのはこれが初?。とりあえず言える事は他のところからも同型の製品が出そうな気がしますし、また違った付属品を付けてくるかもしれませんね。

<関連記事>IRONCAT 『INFINITY ONE』 画像など ~カラーで作りが違うハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス


Sharkoon
売り上げランキング: