i-Rocks、ZIPPY製のマイクロスイッチを採用したゲーミングマウス『M39 PRO』

i-Rocks_M39_Pro_01.jpg


海外で見かけたi-Rocksのマウス「M39 PRO」。
サンワダイレクト 400-MA112」のOEM/ODM元でもあったi-Rocksが新たなゲーミングマウスを発表。製品でこれが初採用となる新しくなったロゴも目を引きますが、ZIPPY製のマイクロスイッチ採用が一番の特徴となりそうなモデルです。

irocks M39 PRO
http://www.i-rocks.com/web/product/product_in.jsp?pd_no=PD1587363804762





i-Rocks_M39_Pro_02.jpg


i-Rocks_M39_Pro_03.jpg


i-Rocks_M39_Pro_04.jpg


i-Rocks_M39_Pro_05.jpg
(via sogi)

Pixart PMW3389のセンサー採用、耐久性6000万回のZIPPY製マイクロスイッチ採用、ALPS製のホイールエンコーダー採用、人間工学に基づいたXLサイズのエルゴノミックデザイン、ホイール・ロゴ・ボトムラインのRGB LED搭載、サーフェスキャリブレーション対応、専用ソフトウェア・iRocks Software 2.0、サイズ:幅67.6x奥行き130x高さ41.5㎜、重量:約138g(総重量?)、主な仕様・特徴は以上。

ZIPPYはマイクロスイッチのメーカーとしても実績のある台湾の企業で、過去にDHARMAPOINTの製品で採用されていた事があった模様。改造を嗜んでいる人がここのスイッチを選んでる事もあるようですし、耐久性から察するに最新のものでしょうから長所となるほどの新要素なのか気になるところ。日本でこのゲーミングマウスが正式に発売される事はないと思いますが、もしかしたらサンワがまたOEM/ODMを利用して製品を出してくるかもしれません。




サンワダイレクト
売り上げランキング:196