ikbc 『S200』 画像など ~TTC薄型スイッチを採用したテンキーレスでワイヤレスのメカニカルキーボード

ikbc_S200_08.jpg


海外で発売されているikbcのキーボード「S200」。
これが初出となるTTC製の薄型キースイッチ・・・はっきり言えばCherry MX Low Profileクローンのキースイッチを採用したテンキーレスのメカニカルキーボードで、2.4GHzでのワイヤレス接続対応にもなっているモデル。ちょっと見てみます。

ikbc S200
http://www.ikbc.com.cn/prod_view.aspx?TypeId=87&Id=270





ikbc_S200_09.jpg


ikbc_S200_10.jpg


ikbc_S200_11.jpg


ikbc_S200_12.jpg


ikbc_S200_13.jpg


ikbc_S200_14.jpg


ikbc_S200_15.jpg


ikbc_S200_16.jpg


ikbc_S200_17.jpg


ikbc_S200_18.jpg


ikbc_S200_19.jpg
(via zfrontier)

キーレイアウト:87キー英語配列、キースイッチ:TTC Low Profile、キー耐久性:5000万回、キーキャップ:PBT/二色成形、通信方式:2.4GHz、バッテリー:単四電池2本、電池寿命:約6ヶ月、サイズ:幅340x奥行き138x高さ25㎜、重量:749g、という仕様。電源スイッチ・専用メディアキー・電卓キー・バッテリーインジケータ―搭載、6キーロールオーバー対応、キー引き抜き工具付属、なども特徴。中国にあるオフィシャルストアでの価格は299人民元(約4,700円)。

Cherry MX Low Profileクローンなのでキーボード自体はそこそこ薄い程度の薄型という印象。キースイッチに関しては品質も打鍵感も大差なくて本家にこだわりがなければ選ぶメリットは大きいとのこと。この内容で上記の価格を実現しているのはキースイッチのコストが低いからでしょうし、青軸が選べるのもポイントの一つ。Cherry MX Low Profileが最近停滞しているのはコストのせいなのか単に不人気なのか、このモデルの反響と今後出る製品でわかるかもしれませんね。