iiyama、海外で発表された45インチ VAパネル DQHD 165Hzスーパーウルトラワイドゲーミングモニター『G-MASTER GCB4580DQSN-B1』

iiyama_G-Master_GCB4580DQSN-B1_01.jpg


海外で見かけたiiyamaの45インチ液晶モニター「G-MASTER GCB4580DQSN-B1」。
近年は日本より海外で積極的に展開しているイメージのiiyamaですが、これは先日発表されたG-MASTERブランドのスーパーウルトラワイドゲーミングモニター。解像度:5120x1440のVAパネル採用でリフレッシュレート165Hzというこのサイズでそのスペックはまだ数少ない状況です。

【公式サイト】iiyama - G-Master GCB4580DQSN-B1 45 Dual QHD Red Eagle Gaming Display



iiyama_G-Master_GCB4580DQSN-B1_02.jpg


iiyama_G-Master_GCB4580DQSN-B1_03.jpg


iiyama_G-Master_GCB4580DQSN-B1_04.jpg


iiyama_G-Master_GCB4580DQSN-B1_05.jpg



画面サイズ:45インチ、パネル:VA、解像度:5120x1440、輝度:450 cd/m2、コントラスト比:3000:1、応答速度:0.8ms(MPRT)、映像端子:HDMI x2/DisplayPort/USB Type-C、主な仕様は以上。曲率1500Rのスーパーウルトラワイドスクリーン、リフレッシュレート165Hz、FreeSync対応、HDR400サポート、ブラックチューナーなどのゲーム機能、PBPモード搭載、KVMスイッチ搭載、最大90W給電対応のUSB Type-C搭載、などが特徴。

価格は欧州だと800ユーロ(約130,000円)とのこと。冒頭で述べたとおり45インチでこのスペックのスーパーウルトラワイドゲーミングモニターはまだ数少ないタイプ。ちなみにグローバルサイトの製品一覧を見ると43インチ/4K UHDモデルなど本格的なゲーミングモニターを色々出している模様。そういうものを手がけておきながら日本ではせいぜいエントリークラスしか出さないのは謎ですね。