HyperX 『Pulsefire Haste』 画像など ~50ドルを切る重量59gの軽量ゲーミングマウス

HyperX_Pulsefire_Haste_09.jpg


海外で発売されているHyperXのマウス「Pulsefire Haste」。
同ブランドの製品では初となるハニカムボディの軽量ゲーミングマウス。重量59gの軽さをウリにしていてケーブルやソールはトレンドのものを取り入れており、それでいて価格は50ドル以下と見どころの多いモデルですが、ちょっと見てみます。

Pulsefire Haste軽量ゲーミングマウス | HyperX
https://www.hyperxgaming.com/unitedstates/jp/mice/pulsefire-haste-gaming-mouse





HyperX_Pulsefire_Haste_10.jpg


HyperX_Pulsefire_Haste_11.jpg


HyperX_Pulsefire_Haste_12.jpg


HyperX_Pulsefire_Haste_13.jpg


HyperX_Pulsefire_Haste_14.jpg


HyperX_Pulsefire_Haste_15.jpg


HyperX_Pulsefire_Haste_16.jpg


HyperX_Pulsefire_Haste_17.jpg


HyperX_Pulsefire_Haste_18.jpg


HyperX_Pulsefire_Haste_19.jpg
(via weibo/weibo)

センサー:光学式、解像度:16000DPI、トラッキング速度:400IPS、最大加速度:40G、ボタン数:6、ケーブル長:1.8m、サイズ:幅66.8x奥行き124.2x高さ38.2mm、重量:59g、という仕様。Pixart PAW3335のセンサー採用、耐久性6000万回で防塵設計のTTC Goldenマイクロスイッチ採用、超軽量のハニカムシェルデザイン、メインクリックのエリアを分離したレスポンシブスプリットボタンデザイン、パラコード素材で作られたHyperFlex USBケーブル、100% PTFEソール採用、ホイールにRGB LED搭載、グリップテープ・交換用ソール付属、PCソフトウェア・HyperX NGENUITY、などが特徴。

センサーやマイクロスイッチなどコストを抑えられるパーツを使っている印象ですが、軽量ゲーミングマウスとして揃うものが揃っている感がありますし、小型でもないサイズで60gを切っているのはアドバンテージになるでしょうし、この内容で49.99ドルはその価格帯で有力な選択肢になるのではないかと。それにHyperXのゲーミングマウスは正直パッとしないものばかりでしたから、ようやく現代に通用するものを出してきた事も評価したいところ。あとは日本で発売される際に価格がいくらになるのか注目です。

<関連記事>HyperX 『Pulsefire Haste』 レビューチェック ~割安で付属品も充実している約59gの軽量ゲーミングマウス