HUAWEI、刷新されたサウンドバー一体型の34インチ ウルトラワイドゲーミングモニター『MateView GT (Sound)』

HUAWEI_MateView_GT_Sound_New_01.jpg


海外で見かけたHUAWEIの34インチ液晶モニター「MateView GT (Sound)」。
2021年に発売された「MateView GT」のリニューアル版となるウルトラワイドゲーミングモニターが中国でリリースされていた模様。解像度:3440x1440のVAパネルやサウンドバー一体型のデザインは変わっていませんが、リフレッシュレート190Hzなど一部の仕様が刷新されています。

【公式サイト】HUAWEI MateView GT 34 英寸 Sound版 – 华为官网



HUAWEI_MateView_GT_Sound_New_02.jpg


HUAWEI_MateView_GT_Sound_New_03.jpg


HUAWEI_MateView_GT_Sound_New_04.jpg


HUAWEI_MateView_GT_Sound_New_05.jpg


HUAWEI_MateView_GT_Sound_New_06.jpg



画面サイズ:34インチ、パネル:VA、解像度:3440x1440、輝度:350 cd/m2、コントラスト比:4000:1、応答速度:1ms(GTG)、映像端子:HDMI x2/DisplayPort/USB Type-C、曲率1500Rのウルトラワイドスクリーン、リフレッシュレート190Hz、HDR10サポート、ダークレベル強化・ゲームクロスヘアなどのゲーム機能、タッチコントロールやライトストリップも搭載したステレオサウンドバー、上部にデュアルマイク搭載、主な仕様・特徴は以上。

公式ストアの製品情報には新旧の比較も掲載されており、リフレッシュレートが向上(165Hz→190Hz)、応答速度が向上(4ms→1ms)、DCI-P3が向上(90%→95%)、以上の3点が刷新されている模様。筐体のデザインやサウンドバーの外観は変わりなく見えるので手を加えていないのではないかと。価格は中国の公式ストアだと現在3,299人民元(約70,000円)。ところでHUAWEIのモニターは日本だとまだ一部が売られているけれども実質撤退しているような状況なので、今後は新製品が出ても期待はできないかもしれません。