HUAWEI、サウンドバーを省いた廉価版のウルトラワイドゲーミングモニター『MateView GT SE』

HUAWEI_MateView_GT_SE_01.jpg


海外で見かけたHUAWEIの34インチ液晶モニター「MateView GT SE」。
同社のウルトラワイドゲーミングモニターといえば「MateView GT」が日本でも発売されていますが、これは大きな特徴としていたサウンドバーを省いた廉価モデル。価格は付加機能を省いた分だけ通常モデルより安くなっています。

HUAWEI MateView GT 标准版 – 华为官网
https://consumer.huawei.com/cn/monitors/mateview-gt-se/





HUAWEI_MateView_GT_SE_02.jpg


HUAWEI_MateView_GT_SE_03.jpg


HUAWEI_MateView_GT_SE_04.jpg


HUAWEI_MateView_GT_SE_05.jpg


画面サイズ:34インチ、パネル:VA、解像度:3440x1440、輝度:350 cd/m2、コントラスト比:4000:1、映像端子:HDMIx2/DisplayPort/USB Type-C、主な仕様は以上。曲率1500Rのカーブスクリーン、DCI-P3カバー率90%、リフレッシュレート165Hz、HDR10サポート、画面の視認性を向上させる暗視野コントロール機能、フリッカーフリー・ローブルーライト、などが特徴。価格は中国の公式サイトだと通常モデルが3,599人民元(約61,000円)に対してこちらは2,999人民元(約51,000円)。

通常モデルとの違いはスタンドが何の付加機能も備わっていないタイプとなり、サウンドバーやマイク関連のインターフェイスも省かれている形。それ以外は共通なので付加機能を取っ払ったものと見ていいかと。日本でも発売されるかは不明ですが上記の価格なら同クラスのウルトラワイドゲーミングモニターで群を抜いて安い存在になるでしょうし、サウンドバーが逆に余計だと感じていた人には理想的な廉価版でしょうね。