HUAWEI 『MateView GT』 画像など ~世界初となるサウンドバー一体型のウルトラワイドゲーミングモニター

HUAWEI_MateView_GT_09.jpg


2021年9月に発売されるHUAWEIの34インチ液晶モニター「MateView GT」。
海外で5月に発表されたHUAWEI初の液晶モニターが3製品とも日本で発売されるようで、そのうちの一つであるこれはおそらく世界初となるサウンドバー一体型のウルトラワイドゲーミングモニター。ちょっと見てみます。

HUAWEI MateView GT – HUAWEI 日本
https://consumer.huawei.com/jp/monitors/mateview-gt/





HUAWEI_MateView_GT_10.jpg


HUAWEI_MateView_GT_11.jpg


HUAWEI_MateView_GT_12.jpg


HUAWEI_MateView_GT_13.jpg


HUAWEI_MateView_GT_14.jpg


HUAWEI_MateView_GT_15.jpg


HUAWEI_MateView_GT_16.jpg


HUAWEI_MateView_GT_17.jpg


HUAWEI_MateView_GT_18.jpg


HUAWEI_MateView_GT_19.jpg


HUAWEI_MateView_GT_20.jpg
(via zol.com)

画面サイズ:34インチ、パネル:VA、表面処理:ノングレア、解像度:3440x1440、輝度:350 cd/m2、コントラスト比:4000:1、映像端子:HDMIx2/DisplayPort/USB Type-C、インターフェイス:AUDIO/USB Type-C(電源)、スピーカー:5Wx2、スタンド:チルト/昇降、VESAマウント:対応(100x100mm)、という仕様。

曲率1500Rのカーブスクリーン、DCI-P3カバー率90%、リフレッシュレート165Hz、HDR10サポート、画面の視認性を向上させる暗視野コントロール機能、フリッカーフリー・ローブルーライト、タッチコントロールとマルチカラーFXディスプレイを備えたステレオサウンドバー、全方位に渡って音声を拾うスマートデュアルマイクシステム、などが特徴。

基本スペックは一見よくあるタイプに思えますが曲率1500RのVAパネルでリフレッシュレート165Hzのウルトラワイドゲーミングモニターは日本だと他に出ていなかったはず。注目のサウンドバーはサイズがサイズなので内蔵タイプよりかは良い程度に考えておいた方がいいかと。価格は現時点だと69,000円前後、付加機能に魅力を感じるなら割安と言えるでしょう。