HUAWEI、独自のネックバンド型でANC機能を搭載したBluetoothイヤホン『FreeLace Pro』

HUAWEI_FreeLace_Pro_01.jpg


海外で見かけたHUAWEIのイヤホン「FreeLace Pro」。
2019年6月に日本でも発売された「FreeLace」の上位モデルとなるネックバンド型のBluetoothイヤホン。USBコネクタ搭載などの特徴はそのままにデュアルアクティブノイズリダクション(ANC機能)をはじめ上位に相応しいものを備えています。

HUAWEI FreeLace Pro
https://consumer.huawei.com/cn/audio/freelace-pro/





HUAWEI_FreeLace_Pro_02.jpg


HUAWEI_FreeLace_Pro_03.jpg


HUAWEI_FreeLace_Pro_04.jpg


HUAWEI_FreeLace_Pro_05.jpg


HUAWEI_FreeLace_Pro_06.jpg


HUAWEI_FreeLace_Pro_07.jpg


HUAWEI_FreeLace_Pro_08.jpg
(via weibo)

アルミニウムマグネシウム合金の振動板を採用した14mmダイナミックドライバー、2つのマイクとドライバーの併用で優れたノイズ除去を実現するデュアルアクティブノイズリダクション、周囲の音を聞き取れるアンビエントモード、高い通話品質を実現する3マイクコールノイズリダクション、端末に接続する事で1ステップのペアリングや急速充電ができるUSB-Cコネクタ、ボタンのダブルクリックで2つの端末を即座に切り替えできるダブルタップフラッシュ、遅延を大幅に低減するローレイテンシゲームモード、イヤホン同士を着脱できるマグネットスイッチ、IP55の防塵/防水性能、連続再生時間:約16時間(ANCオン)、主な仕様・特徴は以上。

USB-Cコネクタを端末に接続してペアリングや急速充電を行う機能は独自の技術なのでHUAWEIのスマートフォンで使う事が前提になりますが、HUAWEIのユーザーならこれ以上に使い勝手の良いBluetoothイヤホンは他にないはず。ANC機能も製品情報からして独特な仕組みになっているようですし、完全ワイヤレスイヤホンの「FreeBuds 3i」(AA)で高く評価されていましたからノイズ除去の性能はこれも期待できそう。価格設定は拠点の中国だと通常モデルのFreeLaceより1.5倍高く、仮に日本でも発売されるなら単純計算で15,000円くらいでしょうか。




HUAWEI(ファーウェイ)
売り上げランキング:2,399