HUAWEI、日本発売が決まったイヤーカフタイプのオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン『FreeClip』

HUAWEI_FreeClip_Release_01.jpg


2024年2月に発売されるHUAWEIのイヤホン「FreeClip」。
FreeBuds Pro 3」に続く新たな完全ワイヤレスイヤホンは自身初となるオープンイヤー型で大手の製品ではまだ珍しいイヤーカフタイプのモデル。海外では12月中旬に発表されて日本ではその直後にクラウドファンディングからスタートすると報道されていましたが、一般販売も決まったようです。

【公式サイト】HUAWEI FreeClip - HUAWEI 日本



HUAWEI_FreeClip_Release_02.jpg


HUAWEI_FreeClip_Release_03.jpg


HUAWEI_FreeClip_Release_04.jpg


HUAWEI_FreeClip_Release_05.jpg
(via weibo)


通信方式:Bluetooth 5.3、コーデック:AAC/SBC/L2HC、連続再生時間:約8時間、充電時間:約40分、防水性能:IP54、重量:約5.6g、耳をふさがないオープンイヤー型、形状記憶合金を使用&1万人以上のデータを基に設計されたC-bridgeデザイン、10.8mm径デュアルマグネットダイナミックドライバー、デュアルマイク+骨伝導VPUセンサーによるクリアな音声通話、ジェスチャーコントロール搭載、マルチポイント対応、HUAWEI AI Lifeアプリ対応、最大36時間再生を可能とするバッテリーケース、ブラック・パープルの2色、主な仕様・特徴は以上。

価格は取り扱いを開始したAmazonだと現在26,000円台で予約受付中。クラファン品は2月初旬の発送予定となっているので2月20日の一般販売は思っていたよりも早い、でも購入金額は一般とクラファンとでは2,000~4,000円の差があり。ユーザーレポートによれば音質はオープンイヤー型を考慮するとバランスが取れていて結構良い音、装着感は万人向けと思えるほど良くてランニングでも落ちない(寝ホンとしては厳しい)とのこと。Boseをはじめ他社から競合機がおそらく次々に出てくると思いますが、それまではライバル不在の一択になりそうです。

【関連記事】『HUAWEI FreeClip』レビューチェック ~軽い装着感が好評を得るイヤーカフタイプのオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン