HUAWEI、クリップタイプになっている自身初のオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン『FreeClip』

HUAWEI_FreeClip_01.jpg


海外で見かけたHUAWEIのイヤホン「FreeClip」。
FreeBuds Pro 3」など完全ワイヤレスイヤホンはカナル型やインナーイヤー型ならいくつも出しているHUAWEIですが、これは自身初となるオープンイヤー型のモデル。現在の主流と言えるイヤーフックタイプではなくBoCoの「PEACE SS-1」みたいなクリップタイプになっています。

【公式サイト】HUAWEI FreeClip - HUAWEI Global



HUAWEI_FreeClip_02.jpg


HUAWEI_FreeClip_03.jpg


HUAWEI_FreeClip_04.jpg


HUAWEI_FreeClip_05.jpg


HUAWEI_FreeClip_06.jpg
(via facebook)

通信方式:Bluetooth 5.3、コーデック:L2HC/AAC/SBC、連続再生時間:約8時間、充電時間:約40分、ドライバー:10.8mm径ダイナミック型、防水性能:IP54、重量:約5.6g、革新的なCブリッジ設計のオープンイヤーデザイン、高度な逆音波システムによって音漏れを最小限に抑制、左右自動認識でどちらのイヤホンも左右問わず使用可能、トリプルマイクとDNNアルゴリズムによるクリアな通話品質、カスタマイズ可能なジェスチャーコントロール、マルチポイント対応、HUAWEI AI Lifeアプリ対応、最大36時間再生を可能とするバッテリーケース、ブラック・パープルの2色、主な仕様・特徴は以上。

発売に関する情報は今のところ欧州で12月末予定、価格は199ユーロとのこと。クリップタイプの完全ワイヤレスイヤホンは色々と出ていますが有名どころの製品は骨伝導で普通のオープンイヤー型はハイエンドなものがありませんから、見方によっては競合機がいない状況。オープンイヤー型にしたいけど耳にかけるイヤーフックタイプは嫌だ、クリップタイプは好きだけど骨伝導は嫌だ、そういう人は割といそうですし日本でも発売されるとしたら注目ですね。

【関連記事】 HUAWEI、日本発売が決まったイヤーカフタイプのオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン『FreeClip』