ハイセンス 『HS214』 レビューチェック ~独自のサラウンドモードを備えた入門用のサウンドバー

Hisense_HS214_01.jpg


2020年10月に発売されたハイセンスのスピーカー「HS214」。
主にテレビのメーカーとして知られるハイセンスがそのオプション的な形で出しているサウンドバー。独自のサラウンドモード搭載を大きな特徴としており、サイズや価格からして入門用と言えるモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

HS214 | ハイセンスジャパン株式会社
https://www.hisense.co.jp/audio/hs214/



画像


Hisense_HS214_02.jpg


Hisense_HS214_03.jpg


Hisense_HS214_04.jpg


Hisense_HS214_05.jpg


Hisense_HS214_06.jpg


Hisense_HS214_07.jpg


Hisense_HS214_08.jpg


Hisense_HS214_09.jpg


Hisense_HS214_10.jpg

製品仕様


スピーカー:44x100mmフルレンジx2・78mmサブウーファー
最大出力:27W+27W(フロント)・54W(サブウーファー)
対応フォーマット:Dolby Digital
通信機能:Bluetooth(コーデック:SBC)
インターフェイス:HDMI/光デジタル/同軸デジタル/AUX/USB
消費電力:20W
リモコン:付属
サイズ:幅650x高さ61.5x奥行き95mm
重量:2.1kg


各所の反応


[#1]
ハイセンス、約1.5万円のサウンドバー「HS214」。3つのサラウンドモード、サブウーファー内蔵
https://www.phileweb.com/news/d-av/202010/14/51312.html

ハイCPサウンドバーならこれで決まり!ハイセンス「HS214」のクオリティに驚愕
https://www.phileweb.com/review/article/202010/14/4020.html



[#2]
ハイセンスのHS214安くて良さそう



[#3]
新発売されたHS214安くてコンパクトで気になってるんだけど
SR-C20Aとかと比べてどうなんだろ?



[#4]
ハイセンスのHS214を購入、4日ぐらい経ったのでちょいレビュー
SR-C20Aがどこにも無いのと、テレビがハイセンスの55U7Eで
相性的にまぁ大丈夫だろうと思ったのが決め手

U7Eのスピーカーがそこそこ良いので、大音量にしなければ極端な差は無い
音量をかなり上げていってからが本領発揮という感じはする

「MUSIC」でサラウンドをONにした時だけは最も分かりやすく変化するが、これがなかなかの曲者
高音が大幅に強化される特徴があり、女性ボーカルはめちゃくちゃ通るようになるが
その代償として高音域で鳴る楽器(シンバルなど)が悪目立ちしすぎている
イコライザーがBASSのアップダウンしか無いので
この高音は聞く人によってかなり好みが分かれそう
自分は女性ボーカルばかり聞くので無理矢理サラウンドで3日ぐらい聞いてたら
まぁ慣れてはきた

「MOVIE」は普通、サラウンドをONにしても違和感は無いし、セリフなどは聞き取りやすくなる
「NEWS」もまぁ普通、ただU7E本体のクリアボイスの方が人の声が強調されるかなー

ライブ映像とか主流で見るよって人は「MUSIC」モードに要注意
パソコンやタブレットからBlutoothで飛ばして映画とか見るよって人は大丈夫だと思う
タブレットからアマゾンのプライムビデオを飛ばしてみたところ
音と人物の口がズレているような事は無かった

コンパクトなのはとても良い
けどライブ映像見るために次はイコライザー付きを買いたいかも



[#5]
>>#4
うちもテレビは55U7Eで、映画鑑賞用に214の購入検討してるんですが
映画観る際のサラウンド感はいかがですか?



[#6]
>>#5
サラウンドのON、OFFは「小さい割に結構頑張ってる」という印象

横や後ろ、上から音が降ってくるという感覚は無いが
OFF状態は「バーから音が出てるのが分かる」
ON状態にすると「テレビが置いてある方面から音が出てる」感覚
臨場感は上がるし小さい効果音やセリフも聞き取りやすくなる

音をかなり上げればONとOFFの差はどんどん出てくるが
いかんせん小型なので音が左右や後ろから聞こえてくるような期待は禁物
多分「MOVIE」のサラウンドが一番良く出来てると思うし、これはOFFにする必要が無いと思う
広がりが出る上に違和感は無い

ただ、自分はHS214をゆくゆくはパソコンのサウンドバーとして使えると思って買ったから
55インチテレビにメインで使うなら90cm近くあるバーも検討して良いと思う
どうせ横幅的に置けるテレビ台を使ってると思うので



[#7]
HS214、そこそこの音は出るね
重低音は無理だけど雰囲気は結構出る



[#8]
HS214買ったが低音はかなり弱いので迫力を期待すると残念な感じ。
1.4万円で買うならもう少し出してヤマハとかにした方が満足度は高いと思う。



[#9]
HS214購入した人がいるようなのでお聞きしたいんですが
CMから番組に戻るときとか映画で静かなシーンの後に出だしの音切れはありますか?



[#10]
>>#11
HS214使ってますが、そういった違和感は感じません。
厳密に検証はしていませんが。



[#11]
ハイセンスのHS214買ってみたが
コンパクトサイズなので低音はかなり弱い。
ドルビー音源だとまあまあの立体感と迫力もそれなりに出て
コスパを考えると悪くない感じ。



[#12]
テレビの音質向上目的ならHS214で十分だよね





フルレンジスピーカーx2+サブウーファーの2.1chスピーカー構成、フロントにパンチングメタルを採用したスタイリッシュなコンパクトデザイン、タッチコントロールパネル搭載、3つのモード(Movie・Music・News)それぞれに合わせた最適なサラウンド補正で臨場感あふれる空間を実現する独自のバーチャル5.1chサラウンド技術、重低音を11段階で調整可能、HDMIケーブル1本でテレビと接続できるHDMI ARC対応、テレビのリモコン操作を妨げないIRリピーター、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音質は小さい割に頑張っている出来で大型ではないテレビの音質向上が目的なら十分、ただし一つのサウンドバーとして見れば低音が弱めで迫力は期待しない方がいい、サラウンドモードは3つともそれなりに効果があってMovieがおそらく一番良くできている、ヤマハの「YAS-109」(AA)あたりに敵わないと思うがコストパフォーマンスは悪くないしコンパクトサイズを重視するなら良き候補となる、といった内容。

この「HS214」は現在13,000円台の価格は販売中。上記のYAS-109は23,000円前後する製品なので敵わないのは当然だと思いますし、同価格帯は数年前の製品が多くて競合機となりそうなものが意外にありませんから、予算やサイズなど条件次第では有力な選択肢になるのではないかと。同社のテレビと組み合わせるのが言うまでもなく一番いいと思いますが、そういうのは抜きで見ても入門用としてなら確かに良さそうですね。




Hisense(ハイセンス)
売り上げランキング:19