HIFIMAN、型番的に最下位の新エントリークラスとなる完全ワイヤレスイヤホン『TWS450』

HIFIMAN_TWS450_01.jpg


海外で見かけたHIFIMANのイヤホン「TWS450」。
同社の完全ワイヤレスイヤホンといえば音質超特化型の「Svanar Wireless」が記憶に新しいところですが、これはそれに続いて登場した現ラインナップでは型番的に一番下位となるエントリーモデル。製品情報を見ても特筆する点はこれといってないエントリーらしいと言えるものです。

【公式ストア】HIFIMAN(海菲曼)TWS450真无线蓝牙耳机 -京东




HIFIMAN_TWS450_02.jpg


HIFIMAN_TWS450_03.jpg


HIFIMAN_TWS450_04.jpg


HIFIMAN_TWS450_05.jpg


HIFIMAN_TWS450_06.jpg
(via weibo)

通信方式:Bluetooth 5.3、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:約5時間、防水性能:IPX4、重量:3.5g、HiFiチューニングを施したダイナミックドライバー、ENCノイズリダクションによるクリアな通話品質、タッチコントロール、最大20時間再生を可能とするバッテリーケース、主な仕様・特徴は以上。価格は中国の公式ストアだと399人民元(約8,000円)。

前述のとおり製品情報を見ただけだと注目すべき点はこれといってありませんが、エントリーモデルにしてはそこまで安くありませんしSvanar Wirelessの音質全振りという前例を考えると、実際に聴いてみると音は想像以上に良い可能性も。ちなみに製品名のナンバリングはこれまでx00で徹していたのに何でこれだけx50なんだろうと思ったら、過去にTWS400(中身はTWS600A)を一部の地域で出していたようでそれと被らないようにするためだと思われます。