HIFIMAN、日本発売が決まったSvanarシリーズのエントリーモデルとなる完全ワイヤレスイヤホン『Svanar Wireless Jr』

HIFIMAN_Svanar_Wireless_Jr_Release_01.jpg


2024年2月に発売されるHIFIMANのイヤホン「Svanar Wireless Jr」。
Svanar Wireless」「Svanar Wireless LE」に続いて登場したSvanarシリーズのエントリーモデルとなる完全ワイヤレスイヤホンで、色々ダウングレードしているけれどもトポロジー振動板のドライバーやLDAC対応など見どころはいくつもあり。海外では昨年秋に出ていましたが日本発売が決まったようです。

【公式サイト】HIFIMAN Home



HIFIMAN_Svanar_Wireless_Jr_Release_02.jpg


HIFIMAN_Svanar_Wireless_Jr_Release_03.jpg


HIFIMAN_Svanar_Wireless_Jr_Release_04.jpg


HIFIMAN_Svanar_Wireless_Jr_Release_05.jpg



通信方式:Bluetooth 5.2、コーデック:LDAC/AAC/SBC、連続再生時間:約6時間(HIFIモード)・約7時間(ANCモード)、防水性能:IPX5、重量:8g、トポロジー振動板を採用したドライバー、左右独立アンプモジュール搭載、最大-35dBのアクティブノイズキャンセリング、HIFIモード・外音取り込みモード搭載、最大3回分の充電が可能なバッテリーケース、計8セットのイヤーピース付属、主な仕様・特徴は以上。

価格は発売前の現時点だと21,000円台で予約受付中。上2つとの主な違いはHYMALAYA R2R DAC非搭載。海外の評価を巡ってみると、上2つを知らなければトポロジー振動板ドライバーの良さを感じられるし十分に高音質、上2つが高くて手が出せなかった人には理想的なエントリーモデル、とのこと。1つ上のLEモデルでも価格は倍以上しますし色々劣る一方でLEモデルにはなかったLDACに対応している点は魅力的ですし、良い意味で妥協の選択肢になりそうです。

【関連記事】『HIFIMAN Svanar Wireless Jr』レビューチェック ~フラッグシップ機の1/3以下で買えるSvanarシリーズの完全ワイヤレスイヤホン