HIFIMAN、HYMALAYA R2R DAC非搭載だけど価格は半額以下のANC完全ワイヤレスイヤホン『Svanar Wireless Jr』

HIFIMAN_Svanar_Wireless_Jr_01.jpg


海外で見かけたHIFIMANのイヤホン「Svanar Wireless Jr」。
Svanar Wireless」「Svanar Wireless LE」に続くSvanar名義の完全ワイヤレスイヤホンは価格的に一番下位となるモデル。HYMALAYA R2R DACは搭載していませんがトポロジー振動板のドライバーやアクティブノイズキャンセリング搭載それにLDAC対応といった点は通常モデルと共通です。

【公式ストア】HIFIMAN(海菲曼)Svanar Wireless Jr天鹅真无线 主动降噪蓝牙耳机



HIFIMAN_Svanar_Wireless_Jr_02.jpg


HIFIMAN_Svanar_Wireless_Jr_03.jpg


HIFIMAN_Svanar_Wireless_Jr_04.jpg


HIFIMAN_Svanar_Wireless_Jr_05.jpg


HIFIMAN_Svanar_Wireless_Jr_06.jpg


HIFIMAN_Svanar_Wireless_Jr_07.jpg
(vai weibo)

通信方式:Bluetooth 5.2、コーデック:LDAC/AAC/SBC、連続再生時間:約6時間(HIFIモード)・約7時間(ANCモード)、防水性能:IPX5、重量:8g、トポロジー振動板を採用したドライバー、左右独立アンプモジュール搭載、最大-35dBのアクティブノイズキャンセリング、HIFIモード・外音取り込みモード搭載、最大32時間再生を可能とするバッテリーケース、計8セットのイヤーピース付属、主な仕様・特徴は以上。価格は中国の公式ストアだと現在1,099人民元(約23,000円)。

通常モデルとの主な違いはHYMALAYA R2R DAC非搭載とワイヤレス充電非対応、それと筐体のパーツ素材やカラーリングも違う模様。音質超特化型と評されていたものから要と言えるHYMALAYA R2R DACを抜いたとなれば結構なダウングレードになりそうですが、価格は通常モデルが2,969人民元なので半額以下のだいぶ安い設定。通常モデルは80,000円弱もする高額なものでHIFIMANが好きでも手が出せない人がいましたから、日本でも発売されるならいい意味で妥協の選択肢になるでしょうね。

【関連記事】HIFIMAN、日本発売が決まったSvanarシリーズのエントリーモデルとなる完全ワイヤレスイヤホン『Svanar Wireless Jr』