HIFIMAN、同社史上最安となる新ローエンドクラスの平面駆動型ヘッドホン『HE400se』

HIFIMAN_HE400se_01.jpg


海外で見かけたHIFIMANのヘッドホン「HE400se」。
HE400i」「HE400S」などが人気を得ていたHE400シリーズの新たな平面駆動型ヘッドホンで、現ラインナップでは一番安いローエンドクラスのモデル。おそらく同社の平面駆動型で史上最安の存在にもなるであろうものです。

HIFIMAN - HE400se
http://hifiman.cn/products/detail/283





HIFIMAN_HE400se_02.jpg


HIFIMAN_HE400se_03.jpg


HIFIMAN_HE400se_04.jpg


HIFIMAN_HE400se_05.jpg


HIFIMAN_HE400se_06.jpg


HIFIMAN_HE400se_07.jpg


HIFIMAN_HE400se_08.jpg


HIFIMAN_HE400se_09.jpg
(via weibo)

駆動方式:平面駆動型、再生周波数帯域:20 - 20,000Hz、音圧感度:91 db、インピーダンス:25Ω、旧世代を凌駕する最新の平面駆動型ドライバー、従来より耐久性を30%高めながら軽量化も実現、別途のケーブルでバランス接続にも対応する3.5mm/両出しのインターフェイス、圧力や蒸れを感じさせない新設計のヘッドバンド、オーディオケーブル・6.3mm変換プラグ付属、主な仕様・特徴は以上。

価格に関しては中国にあるオフィシャルストアで699人民元(約11,000円)、参考に日本でも発売された「HE400i 2020」(AA)より4割以上安い設定。ローエンドクラスゆえに同じ平面駆動型でも価格の桁が一つ違う上位には遠く及ばないと思いますが、一時期10,000円台前半で投げ売りされていたHE400Sなみのパフォーマンスは期待できるのではないかと。仮に日本でも発売されると想定してHE400i 2020を目安にすると価格は10,000円台前半だと思います。