HAVIT、テンキーレスなのにテンキーが付いているメカニカルキーボード『KB487L』

HAVIT_KB487L_01.jpg


2020年7月に発売されたHAVITのキーボード「KB487L」。
今のところ公式サイトに製品情報は掲載されておらず、出回っているのはおそらく日本だけのメカニカルキーボード。一見スタンダードなテンキーレス・・・と思いきや右上にテンキーが備わっているという珍妙なモデルです。

Amazon | Havit 89キー 赤軸 メカニカル キーボード 有線 PBTキーキャップ US Layout KB487L
https://www.amazon.co.jp/dp/B085ZC1LDJ




HAVIT_KB487L_02.jpg


HAVIT_KB487L_03.jpg


HAVIT_KB487L_04.jpg


89キー英語配列のキーレイアウト、耐久性5000万回の赤軸キースイッチ採用、カラーPBTキーキャップ採用、サイズ:幅358.5x奥行き130.5x高さ40.5㎜、公開されている主な仕様・特徴は以上。前述のとおりテンキーレスのサイズなのに右上のエリアにはテンキーが備わっており、そこにある従来の9キーはFnキー経由に。在庫があった時の価格は4,999円。

テンキーレスにテンキーが付いている・・・なんか言ってて混乱してきましたが、そこにテンキーを持ってきたのは面白い発想だと思う反面、数字と小数点しかないのでテンキーとして成り立つのか微妙なところですし、見方によっては本末転倒な形になっている気も。これはテンキー必要派の間でも意見が分かれそうな珍品ですね。




Havit
売り上げランキング:295