GIGABYTEのモニターアーム版31.5インチ IPSパネル UHD 144Hzゲーミングモニター『M32U-AE』が120,000→73,980円に値下がる

GIGABYTE_M32U-AE_sale_01.jpg


2023年8月に発売されたGIGABYTEの31.5インチ液晶モニター「M32U-AE」。
M32U」のモニターアーム版と言える解像度:3840x2160のSuper Speed IPSパネル採用でリフレッシュレート144Hzのゲーミングモニター。発売当時の価格は120,000円前後でアームが特注品だとしても割高な印象でしたが、最近になって一気に値を下げて74,000円弱で販売するところ(ツクモ)が出てきました。

【公式サイト】M32U Arm Edition Gaming Monitor 主な特徴 | ディスプレイ - GIGABYTE Japan



GIGABYTE_M32U-AE_sale_02.jpg


GIGABYTE_M32U-AE_sale_03.jpg


GIGABYTE_M32U-AE_sale_04.jpg


GIGABYTE_M32U-AE_sale_05.jpg
(via zhihu)


製品の詳細は以前投稿した記事(GIGABYTE、日本発売が決まったモニタアーム版の31.5インチ IPS 4K 144Hzゲーミングモニター『M32U-AE』)も参考に。ベースとなっているM32Uは2年以上前の製品だけれども価格履歴を見ると発売当時は110,000円台、今までの最安値は84,000円台。なので発売から1年経ってないうえにモニターアームが付加価値になるはずのこちらの方が安くなっているのは異常事態と言えるでしょうか。こんな事もあるんだなと少々驚きです。