GIGABYTE、日本発売が決まったUHD Super Speed IPSパネルでリフレッシュレート160Hzの27インチ ゲーミングモニター『M27U』

GIGABYTE_M27U_01.jpg


2024年1月に発売されるGIGABYTEの27インチ液晶モニター「M27U」。
M28U」などが出ている系統から登場したGIGABYTE GAMINGシリーズのゲーミングモニターで、解像度:3840 x 2160のSuper Speed IPSパネルやリフレッシュレート160Hzなどを特徴としているモデル。海外では昨年夏ごろに出回っていたものですが、日本でもようやく発売が決まったようです。

【公式サイト】M27U Gaming Monitor 主な特徴 | ディスプレイ - GIGABYTE Japan



GIGABYTE_M27U_02.jpg


GIGABYTE_M27U_03.jpg


GIGABYTE_M27U_04.jpg


GIGABYTE_M27U_05.jpg


GIGABYTE_M27U_06.jpg


GIGABYTE_M27U_07.jpg
(via Youtube)


画面サイズ:27インチ、パネル:IPS、解像度:3840x2160、輝度:400 cd/m2、コントラスト比:1000:1、応答速度:1ms(MPRT)、視野角:178/178、映像端子:HDMI x2/DisplayPort/USB Type-C、主な仕様は以上。高速・広色域のSuper Speed IPSパネル、リフレッシュレート160Hz、FreeSync Premium Pro対応、VESA DisplayHDR 600認証、HBR3サポート、HDMI 2.1対応、ゲーム機能を豊富に備えたゲームアシスト、オートアップデート対応、OSD SIDEKICKソフトウェア対応、などが特徴。

価格は発売前の現時点だと99,000円台で予約受付中。基本スペックが同じような内容になっているBenQの「EX2710U」(AA)が比較対象だと一見割安に思えたりもしますが、前述のとおり海外では昨年夏ごろに出回っていて実売価格は430ドルくらいになっていますから、その事を知っているとむしろ割高に感じたり。また、評価を巡ってみると実測の性能面はM28Uと大差ないと言われており、そのM28Uが68,000円前後で販売されている事を考えると現状ではちょっと魅力に欠けますかね。