GIGABYTE、コスパ重視のGSシリーズから登場した31.5インチ IPSパネル WQHD 165Hzゲーミングモニター『GS32Q』

GIGABYTE_GS32Q_01.jpg


海外で見かけたGIGABYTEの31.5インチ液晶モニター「GS32Q」。
GS34WQC」などコンスタントに製品を出し続けているGSシリーズの新たなゲーミングモニター。解像度:2560x1440のSuper Speed IPSパネル採用でリフレッシュレート165Hz(OC時:170Hz)を特徴としており、今作もこのシリーズらしくコストパフォーマンス重視の低価格を実現しているようです。

【公式サイト】GS32Q Gaming Monitor Key Features | Monitor - GIGABYTE Global



GIGABYTE_GS32Q_02.jpg


GIGABYTE_GS32Q_03.jpg


GIGABYTE_GS32Q_04.jpg


GIGABYTE_GS32Q_05.jpg


GIGABYTE_GS32Q_06.jpg


GIGABYTE_GS32Q_07.jpg
(via quasarzone)

画面サイズ:31.5インチ、パネル:IPS、解像度:2560x1440、輝度:300 cd/m2、コントラスト比:1200:1、応答速度:1ms(MPRT)、視野角:178/178、映像端子:HDMI x2/DisplayPort、主な仕様は以上。高速応答速度のSuper Speed IPSパネル採用、リフレッシュレート165Hz(OC時:170Hz)、FreeSync Premium対応、HDRサポート(HDR READY)、ブラックイコライザー・ゲームアシスト・OSDサイドキックなどのゲーム機能、などが特徴。

価格は情報が出ている台湾だと現在6,488ニュー台湾ドル(約30,000円)。似たようなスペックのゲーミングモニターはLGの「32GP750-B」(AA)など複数出ており、それらと比べて性能・機能の面で特筆するような点はこれといってありませんが、付加的なものは載せずコストを抑えているだけあって同類の中では一番安いはず。ただ、GSシリーズの製品はまだ日本で一つも発売されておらず今後どうなるかもまだわかりません。