GIGABYTE、PAW3395採用などを特徴とするAORUSブランド初のワイヤレスゲーミングマウス『AORUS M6』

GIGABYTE_AORUS_M6_01.jpg


海外で見かけたGIGABYTEのマウス「AORUS M6」。
AORUS M2」以来となるAORUSブランドのゲーミングマウスは約74gのソリッドボディやPAW3395センサー採用などを特徴とする自身初のワイヤレスモデル。公式サイトには製品情報が既に公開されており、イベントにて実機の展示もあったようです。

【公式サイト】AORUS M6 Key Features | Mouse - GIGABYTE Global



GIGABYTE_AORUS_M6_02.jpg


GIGABYTE_AORUS_M6_03.jpg


GIGABYTE_AORUS_M6_04.jpg


GIGABYTE_AORUS_M6_05.jpg
(via quasarzone)

PixArt PAW3395センサー採用(26000DPI/650IPS/50G)、耐久性5000万回のオムロン製マイクロスイッチ採用、人間工学に基づいた左右対称デザイン&両側にサイドボタン搭載、ロゴにRGB LED搭載、1msの低遅延2.4GHzワイヤレステクノロジー、パラコードケーブル付属、GIGABYTE CONTROL CENTERソフトウェア対応、NVIDIA Reflex認定、電池寿命:最大74時間、サイズ:幅66.8x奥行き126.6x高さ38.3mm、重量:約74g、主な仕様・特徴は以上。発売日・価格等は明らかにされておらず。

Razerの「Viper V2 Pro」(AA)に似ているというコメントもありましたが、完全な同型の製品は見た事がないのでオリジナル設計ではないかと。ワイヤレスゲーミングマウスとして内容的に悪くはないけれども最先端と言えるようなスペックでもないですし、可も不可もなくと思ったのが正直なところ。AORUSのゲーミングデバイスは以前からゲーミングPCのアクセサリとして展開している=その域を超えないような感じで、今作もそれに該当するものでしょうか。今後も他社の人気モデルに対抗するようなものは出してこないと思います。