GIGABYTEの31.5インチ IPSパネル QHD 170Hzゲーミングモニター『AORUS FI32Q』が37,000円を切る

GIGABYTE_AORUS_FI32Q_sale_01.jpg


2021年3月に発売されたGIGABYTEの31.5インチ液晶モニター「AORUS FI32Q」。
数年前は奇抜なデザインと多機能さもウリにしていたAORUSブランドのゲーミングモニターで、解像度:2560x1440のSuper Speed IPSパネル採用&リフレッシュレート170Hzというスペックのモデル。発売当時は107,000円台の高額品でしたが37,000円弱で販売するところが出てきました。

【公式サイト】AORUS FI32Q Gaming Monitor 主な特徴 | ディスプレイ - GIGABYTE Japan



GIGABYTE_AORUS_FI32Q_sale_02.jpg


GIGABYTE_AORUS_FI32Q_sale_03.jpg


GIGABYTE_AORUS_FI32Q_sale_04.jpg


GIGABYTE_AORUS_FI32Q_sale_05.jpg



画面サイズ:31.5インチ、パネル:IPS、解像度:2560x1440、輝度:350 cd/m2、コントラスト比:1000:1、応答速度:1ms(GTG)、視野角:178/178、映像端子:HDMIx2/DisplayPort/USB Type-C、主な仕様は以上。高速・広色域のSuper Speed IPSパネル採用、リフレッシュレート170Hz、Adaptive-Sync対応、VESA DisplayHDR 400認証、HBR3サポート、エイムスタビライザーなどのゲーム機能、RGB Fusion 2.0対応のRGBライティング、ANC 2.0搭載のヘッドホン端子、KVMスイッチ、などが特徴。

上記の価格で販売しているのはツクモ公式通販サイト、在庫僅かではなく在庫ありの表示なので販売できる数はまだある模様。3年前の製品なので最新の機種に比べたら相応の古く感じる部分があるかもしれませんが、このサイズこのスペックのゲーミングモニターは意外に数少ない事と当時のハイエンドクラスという事を考えると今でも十分通用しそう、というか40,000円を切っているならこの価格帯では有力な存在になるのではないかと。RGB全盛期のデザインが好きな人は特にお買い得だと思います。