『final UX2000』レビューチェック ~あくまでも下位モデルとして見た方がいいANC搭載のBluetoothヘッドホン

final_UX2000_09.jpg


2023年12月に発売されたfinalのヘッドホン「UX2000」。
UX3000」に続くfinalブランドの第2作目となるアクティブノイズキャンセリング搭載のBluetoothヘッドホン。ナンバリング的には下位モデルですが再生時間はANCオンで約45時間とこちらの方が圧倒的に長く、低遅延ゲーミングモード搭載も特徴の一つとしていますが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】UX2000|final 公式ストア

画像


final_UX2000_10.jpg


final_UX2000_11.jpg


final_UX2000_12.jpg


final_UX2000_13.jpg


final_UX2000_14.jpg


final_UX2000_15.jpg


final_UX2000_16.jpg


final_UX2000_17.jpg
(via weibo)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.3
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP
コーデック:AAC/SBC
連続再生時間:約45時間(ANC ON)・約60時間(ANC OFF)
充電時間:約2.5時間
ドライバー:ダイナミック型
再生周波数帯域:20 - 20,000Hz
インターフェイス:USB Type-C/3.5mm


各所の反応


[1]
final、低遅延ゲーミングモード搭載のノイキャンヘッドフォン「UX2000」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1552762.html




[2]
ヘッドホンはUX2000出すんやな
ANCオンで45時間再生はええやん




[3]
UX3000結構気に入ってるからUX2000も気になるんだよな



[4]
今から新調するならUX3000にするかUX2000にするかずっと悩んでる



[5]
WHP01KとUX2000って値段変わらないのか
比較してみたいな




[6]
UX2000聴いてみた
2000系と言える音で刺さりやすい曲にはよく刺さる
ボタン配置が全て右側に配置されていて片側で全操作できるのは良い
反面どこがどのボタンだっけ?と慣れるまで少し時間がかかりそう
ANCのON/OFF切り替えはやりやすかった




[7]
UX2000は音の前後感覚がわかりやすい
UX3000は音の粒立ちが良かった
自分の好みは3000かな




[8]
UX2000はハキハキ系で押し出しとキレがある感じ。
低音効いてるけどモヤはかかってない。
ノイキャンは若干キツめ。
好みではないけど好きな人は好きだろうしコスパいいと思う。




[9]
UX2000の低音は強めとも深いとも言える



[10]
AnkerのSpace Oneと悩んでるが
UX2000はLDAC対応じゃないんだよなぁ




[11]
>>10
Ankerの方はLDAC対応だし
比較的安価でも良質だし
スペックと価格で比較されると分が悪いかもね




[12]
UX2000ゲット
音はノリの良い味付けで好き
見た目も装着感も好き




[13]
UX2000はUX3000と比べるとマットな見た目で可愛い



[14]
UX2000は低音の主張がきつく感じた
今だと500円しか違わなかったのでUX3000にした




[15]
finalのUX2000
低遅延が思ってたより優秀だなこれ
シャニソンくらいならあまり気にならない




[16]
UX2000買ってみた。
音質はハイレゾじゃないけど良き。
装着感も良き。
ノイキャンは弱いな…低域は効いているが中域から高域はほぼ効いていない感じ。
それとアプリがないのは残念かな。






深い低音と伸びやかなボーカルを両立したノリの良いサウンドを実現、ハイブリッドノイズキャンセリング搭載、ENCノイズキャンセリングマイクによるクリアな通話品質、最少45msの低遅延を実現する低遅延ゲーミングモード搭載、マルチポイント対応、様々な頭部の形状にフィットするマルチフィットハウジング機構、長時間の使用でも疲れにくい低反発イヤーパッド、皮脂や指紋が付きにくいマット塗装仕上げ、3.5mm端子での有線接続対応、ブラック・クリームの2色、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は謳い文句どおり低音強めのサウンドで篭っておらずキレがある、曲によっては音の刺さりが気になるかも、ノイズキャンセリングは低音を中心に打ち消す感じで中高音は残る、装着感は良い、ボタンは物理式ですべて右側に搭載されていて片手で操作できる、低遅延ゲーミングモードはプレイするゲームによるが思っていた以上に優秀、LDACやアプリに対応していないのは残念、音に関しては好み次第なところもあるがUX3000の方が高音質と言える、といった内容。

UX3000は海外だと2021年に出ていたのでこちらの方が2年くらい新しいものですが、音に関しては評価的にあくまでも下位モデルという印象で、価格差が2,000円程度という事も考えるとfinal製を重視するなら今からでもUX3000を選んだ方いい気も。また、名が挙がっていたAnkerの「Soundcore Space One」(AA)みたいな価格帯が近い製品と比べても特に機能面で劣っている感がありますし、今の状況ではどれと比べても分が悪いと思うでしょうか。「UX2000」は現在12,000円台の価格で販売されています。