FILCO 『Majestouch 2SS Edition』 レビューチェック ~銀軸やキーキャップなど特別仕様になった定番メカニカルキーボード

FILCO_Majestouch_2SS_Edition_11.jpg


2021年1月に発売されたFILCOのキーボード「Majestouch 2SS Edition」。
定番メカニカルキーボードとして世界的な人気を得ているMajestouchシリーズの特別仕様モデル。最新版のCherry MX銀軸キースイッチやPBT/2色成形の2トーンカラーキーキャップを主な特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。

Majestouch 2SS Edition 製品紹介 | ダイヤテック株式会社
https://www.diatec.co.jp/shop/Maje2SS/



画像


FILCO_Majestouch_2SS_Edition_12.jpg


FILCO_Majestouch_2SS_Edition_13.jpg


FILCO_Majestouch_2SS_Edition_14.jpg


FILCO_Majestouch_2SS_Edition_15.jpg


FILCO_Majestouch_2SS_Edition_06.jpg


FILCO_Majestouch_2SS_Edition_07.jpg


FILCO_Majestouch_2SS_Edition_08.jpg


FILCO_Majestouch_2SS_Edition_09.jpg


FILCO_Majestouch_2SS_Edition_10.jpg
(via ptt)

製品仕様


キーレイアウト:日本語配列/英語配列
キースイッチ:Cherry MX Speed(銀軸)
キーピッチ:19mm
キーストローク:3.4mm
ケーブル長:1.5m

(フルサイズ)
本体サイズ:幅440x奥行き138x高さ38.5mm
重量:1.2kg

(テンキーレス)
本体サイズ:幅357x奥行き137x高さ37mm
重量:980g


メディア・レビューサイト


ダイヤテック、Majestouchシリーズ初の銀軸採用キーボード - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1295402.html

高速入力向けのスイッチを採用した「Majestouch 2SS Edition」が発売 - AKIBA PC Hotline!
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1300245.html

Majestouch 2SS Editionレビュー:ツートンカラーが渋い、入力判定が速いキーボード | けしろぐ
https://keshilog.com/majestouch-2ss-edition/

かなれびゅ | Majestouch 2SS Editionレビュー(待望のFilcoの銀軸搭載キーボード)
https://kanan-pc.com/?p=112




耐久性:1億回になったCheery MX銀軸のキースイッチ採用、スカイグレー・アスファルトの2トーンカラーになっているPBT/2色成形キーキャップ採用、ゲーム向けの機能も搭載したファンクションキー機能、Nキーロールオーバー対応、USB&PS/2コンバーチブル設計、光を和らげるグラファイトカラーのオリジナルLEDキャップ(インジケーター)、ダークメタリック仕上げのロゴエンブレム、フルサイズ/テンキーレス・日本語配列/英語配列の計4ラインナップ、などが特徴。

レビューしている人は数名いましたが、「定番のMajestouchに反応速度が速くアクチュエーションポイントが浅いCherry MX銀軸を採用した事でゲーミングキーボードとしても通用するものになっている(Majestouchで銀軸はロープロを除けばこれが初)」「2トーンカラーのキーキャップはどちらかと言えば渋い見た目、少しザラっとした質感も良し」「フレームもザラついた質感で高級感もある」「Majestouchらしく総じて完成度の高いものになっている」といった内容。

各所の反応


[#1]
2SS買ったけど質感とかめっちゃいいね
銀軸の模範となる機種になりそう
ゲーマー向けの軸ということもあり
低負荷で同一キーの高速入力出来るから気持ちええわ



[#2]
今回の新作はちょっと色気出してる感じがする



[#3]
2SSの筐体はシボ加工で
手垢や細かいホコリが入り込んで拭いても取れない



[#4]
2SS筐体表面加工やっぱりヤスリみたいにザラザラだな
初期マジェ1のすべすべした高級感で良かったのに



[#5]
通常マジェはともかく
2SSは全体的にマットな質感なのでこれでも良さそうな気はしますけどね



[#6]
やたら表面加工嫌う人いるけど、そんなに嫌か?



[#7]
>>#6
ツルツルはあんまりないから違和感あるとかじゃね



[#8]
2SS軽くてスムーズでWASD操作ゲームに相性良いわ
ここの赤軸は引っ掛かりと擦れ感あって微妙だったけど



[#9]
>>#8
赤軸はどこのも擦れ感あるからCherryのせいだぞ



[#10]
2SSで擦れ感は言われれば気づく程度にあるが
むしろあの微かなズズズって感じが押してる感あって好きだな
リニア軸になれると静電容量無接点方式みたいなラバーカップが重く感じて打ちにくいんよ





各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。全体的に質感が良くてCherry MX銀軸の模範機種になりそうな出来、この銀軸はスムーズに打てる軽さでWASDキーを使うゲームと相性がいいしゲーミングキーボードとして十分通用する、フレームのザラついた表面加工は往年のユーザーだと好みが分かれる部分かも、といった内容。

フレームに関しては自分が使っている「Majestouch MINILA-R Convertible」も似たような作りになっているので少し語らせてもらうと、確かにホコリや手垢が引っつくような加工になっているけれども定期的に拭き取ればいい事ですし、指紋の付着が目立ってベタベタのテカテカに見えるよりかはよっぽどいいかと。それとキーキャップに関しては「Majestouch Lumi S Tenkeyless」と同じものなので一言で評するなら、購入の決め手になるくらい品質は良いです。

最新のCheery MX銀軸を採用しているところも評価的に一番の長所となり得る印象。新型ではなく従来の型を特別仕様にした形なのでMajestouchの通常モデルを使っている人からすれば買い替えるほどのものではないと映るかもしれませんが、Majestouchを好んで使っているならアップグレード版とも言えるこれに手を出す価値は十分あると思いますね。「Majestouch 2SS Edition」はフルサイズが16,800円、テンキーレスが15,500円の価格で販売されています。




FILCO Majestouch 2SS Edition
posted on 2021.04.30
FILCO
売り上げランキング:1,991