FiiO、DACチップを変更して再販されるフラッグシップのUSB DAC/ヘッドホンアンプ『K9 Pro ESS』

FiiO_K9_Pro_ESS_01.jpg


海外で見かけたFiiOのアンプ「K9 Pro ESS」。
日本ではK9 Pro LTDという名で発売されたフラッグシップのUSB DAC/ヘッドホンアンプはパーツの調達が厳しいようで拠点の中国でも販売中止になっていましたが、そのパーツ=DACチップを変更したESSモデルを新たに出すようです。

K9 Pro-飞傲官网
https://www.fiio.com/k9proESS





FiiO_K9_Pro_ESS_02.jpg


FiiO_K9_Pro_ESS_03.jpg


FiiO_K9_Pro_ESS_04.jpg


FiiO_K9_Pro_ESS_05.jpg


FiiO_K9_Pro_ESS_06.jpg


FiiO_K9_Pro_ESS_07.jpg
(via weibo)

DACチップは初期モデルで使っていたのがAKM製のAK4499EQ、ESSモデルはESS Technology製のES9038PROを使っている模様。他に変わっている点は実機を見るに筐体の側面がスリット加工されており、パッケージは新デザインに。価格設定は中国のオフィシャルストアだと初期モデルより500人民元ほど高い4,999人民元(約90,000円)。

前述のとおり初期モデルは中国でも販売中止になっていて市場に出回る事はもうないでしょうから、このESSモデルで実質再販という形になるでしょうか。状況から考えて日本では発売されないかもしれませんし、されるとしても入荷数は初期モデルよりさらに少ないかもしれませんね。




FiiO渾身のフラッグシップDAC内蔵ヘッドホンアンプ
エミライダイレクト