『FIIO K9 AKM』レビューチェック ~AKM製のフラッグシップシステムを搭載したリニューアル版のヘッドホンアンプ

FIIO_K9_AKM_review_check_01.jpg


2024年1月に発売されたFIIOのアンプ「K9 AKM」。
AKM製のフラッグシップシステム(AK4191EQ+AK4499EX)搭載を主な特徴としているUSB DAC内蔵ヘッドホンアンプ。同社の現ラインナップでフラグシップ機は「K9 Pro ESS」ですが、これは1年前に出た「K9」のリニューアル版となるであろうモデル。ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】K9 AKM – FIIO Japan

画像


FIIO_K9_AKM_review_check_02.jpg


FIIO_K9_AKM_review_check_03.jpg


FIIO_K9_AKM_review_check_04.jpg


FIIO_K9_AKM_review_check_05.jpg


FIIO_K9_AKM_review_check_06.jpg


FIIO_K9_AKM_review_check_07.jpg


FIIO_K9_AKM_review_check_08.jpg


FIIO_K9_AKM_review_check_09.jpg


FIIO_K9_AKM_review_check_10.jpg
(via weibo)

製品仕様


DACチップ:AK4191EQ+AK4499EX
アンプ回路:THX AAA-788+ x2
USBコントローラー:XMOS XUF208
入力端子:USB/USB Type-C/同軸/光デジタル/RCA/4.4mm
出力端子:XLR x2/RCA/4.4mm/6.3mm
対応サンプリングレート:PCM 768kHz/32bit・DSD 512(Native)
ヘッドホン推奨インピーダンス:8~350Ω
出力:2000mW(バランス)/1500mW(シングルエンド)
S/N比:≧128dB
THD+N:0.00020%未満
通信機能:Bluetooth 5.1(コーデック:LDAC/aptX Adaptive/aptX LL/aptX HD/aptX/AAC/SBC)
サイズ:幅200x奥行き224.5x高さ72mm
重量:約2,660g


各所の反応


[1]
FIIO、AKM最上位セパレートDACシステム採用ヘッドフォンアンプ「K9 AKM」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1560376.html

女性ボーカル最強、AKM最上位セパレートDAC搭載で使いやすくなったFIIO「K9 AKM」を聴く
https://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/special/1560950.html




[2]
聴感に影響しないんだろうけど
KA17にすらXU316が載っているんだから
K9 AKMもXU208ではなくXU316にしてほしかったな




[3]
>>2
あくまでもK9 AKMはフラッグシップ機ではないから




[4]
K9 AKMは試聴した限りだと空間表現がピカイチ



[5]
K9 AKM軽く聞いた感じではQ15よりフラットよりで音場広い
Q7に近い気がする




[6]
K9AKM届いた
HD650で聴いてみたところ音場が広く立体感が高めに出る感じ




[7]
>>6
以前HD650でK9ProESSを試聴した時には
中高音にキツさを感じて買わなかったんだけど
K9AKMはどうですか?




[8]
>>7
高音域が少し強めに出る感じはあります
ヘッドホンやソースによって変わるので何ともいえません
メイン機であるQutest+Anniと比較すると音の厚みがない気がします
くっきりしたサウンドなので長時間の使用すると疲れてしまう感じ
あとUSBがTypeBとTypeCのふたつ有りますが同時に指すとTypeCが優先されるようです




[9]
K9 AKM届いて音出ししてみたら低音控えめなかなりスッキリ系だったけど
電源110Vに変えたら普通に低音も出たわ




[10]
K9AKM
自分の耳だとPROとの違いはあまり感じないが発熱がぜんぜん違うな
これなら電源付けっぱなし(スタンバイ)にできそうだわ




[11]
K9 AKM聴いたがボーカルの存在感すごいな
中低域~中域がめっちゃ前に出てくるからボーカル好きにはたまらない音質だと思う




[12]
K9 AKM
なんというか音の粒がわかる
解像度が半端ない




[13]
K9 AKMを買ったついでにK9 Pro LTDの中古があったので聴き比べてみたけど
DAC/アンプ使用ならともかくDAC単体の性能はK9 AKMが本当に良い

Pro LTDは音の線が細く繊細な音、でも高音や低音で少し迫力が足りない感じ
AKMは全体的に音の分解性能が大きくしっかりと鳴らしてくれる
ただ、AKMは内蔵されているTHXアンプとの相性が個人的に好きではないです

DAC/アンプとして機器単体の音のバランス感はPro LTDのほうがまとまっていると思う
AKMは音の分離感がとても良い、でも単体で使用するとボーカルが沈んでしまう感じ
どちらがいいかは好みになるかと




[14]
K9AKM届いたからずっと聞いてるけど音キレイ
エイジングしてないでこれだからエイジング進んだらどんな音になるか楽しみ




[15]
K9 AKM
FF16やってみたらBGMのピアノの音がクッキリだし
周りのがやがやざわざわ音の質感がリアルだし
キャラの声めっちゃ良い




[16]
K9 AKMで聴いた
あくまで音はFiiOらしく鳴り方かK7の空間をK9Proに寄せた感じ
K9Proはドライ感が上でK9AKMは艶感が上
本当に微妙だけどK9PROとK9AKMの差は感じた




[17]
K9 AKM到着
BluetoothにUSB-Cもあって利便性が高い
K7から買い替える価値あり




[18]
Fiio K9シリーズいつかは買おうと思っていたけど
AKMモデルが出たのでついに買った
音出し初っ端から分離が驚くほど良い
アンプも余裕を感じる音で下まで気持ちよく鳴ります




[19]
K9 AKM
ヘッドホンのFT5と相性がとても良い
しっかり空間を感じることができるしボーカル表現も良い
弱点は解像度の甘さというかモヤがかかってる感じはあるのと低音
これから聴き込んでどう変化するかだね




[20]
115Vに昇圧&電源ケーブル替えただけでびっくりするぐらい化けた
解像度と音の厚みが上がるし何よりボーカル位置が前に出てくる
ここまで変化を感じると感動




[21]
K9 AKM届いたから聴いてる
K9→AO200だと以前のUD-505に比べて活きのいい音になった気がする
音が若干クッキリした感じ




[22]
K9 AKM衝動買い
Meze Audioの109PROで早速Q7と聞き比べたが
Q7よりも余裕が感じられる音で力強く非常に満足
一方でポータブル機でここまで良い音が出るQ7に改めて感心




[23]
K9 AKM買ってしばらく使ってみたけど
ほぼすべての面でK7より上で満足度高い
ただ、K9 AKM音場が広くなってしまったせいでASMRを聴くのは微妙




[24]
FIIO K9 AKMを230v給電にしたらめっちゃ低音強くなった
アップトランス使った115v給電と比べると
解像度も少し良くなってより低音がパワフルになってすごくいい感じ
でも230v給電って若干コストかかるし面倒臭いからオススメは115v給電かな






AKMのフラッグシップ・セパレートDACシステム・AK4191EQ+AK4499EX搭載、DACからヘッドホンアンプ部までの完全バランス設計を採用、THXとの共同開発によるTHX-AAA 788+ヘッドホンアンプ回路を搭載、XMOS XUF208のUSBコントローラー搭載、Qualcomm QCC5124のBluetoothチップ採用、クリーンな独立電源供給回路設計を採用、XLRや4.4mmなどあらゆる用途に対応する豊富な入出力端子を搭載、微細な音量調整を可能にするADCボリュームコントロール機能、ボリュームノブ部にRGBインジケーターライト搭載、わかりやすい入力設定表示・各設定スイッチ、UAC1.0/2.0接続モードを自由に切り替え可能、FIIOコントロールアプリ対応、縦置きスタンド付属、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。箱出しの状態でも十分に良い音で音場の広さや分離感はすごいと感じるレベル、Proモデルと比べて音のバランス感は敵わないが分離感はこちらの方が良いと感じるしDAC単体の性能は本当に良い(Proモデルとの違いをあまり感じないという声も)、費用はかさむが昇圧トランスを導入すると感動するほど音が化ける、K9にはなかったUSB-C端子が追加されたので利便性も上がった、下位モデルの「K7」(AD)と比べて全面的に上で買い替えの満足度は高い、といった内容。

「K9 AKM」は現在88,000円台の価格で販売中。上位のProモデルは140,000円台で評価的に性能差はそこまでないようで、下位の機種からジャンプアップする場合は安くて最新機でもあるこちらを選んだ方がいいかも。ちなみに海外ではナンバリングが上の新たなフラッグシップモデル「K19」が出回りだしている状況ですが、価格設定はこちらの3倍近く高いので興味があっても予算的に無理だと思った人は早々にこちらで完結するのも一手かと。また、昇圧トランスで音がさらに良くなったというコメントが複数ありましたから、それを導入して環境を整えたら本当に満足できそうですね。