FiiO 『K5 PRO』 レビューチェック ~シンプルでパワフルな据え置き型USB DAC/ヘッドホンアンプ

FiiO_K5_PRO_01.jpg


2020年5月に発売されたFiiOのアンプ「K5 PRO」。
K3」の上位モデルとなる据え置き型のUSB DAC/ヘッドホンアンプ。シンプルなコンパクトデザインでありながら高インピーダンスのヘッドホンも駆動できるパワフルさを特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。

K5 PRO – Fiio Japan
https://www.fiio.jp/products/k5-pro/



画像


FiiO_K5_PRO_02.jpg


FiiO_K5_PRO_03.jpg


FiiO_K5_PRO_04.jpg


FiiO_K5_PRO_05.jpg


FiiO_K5_PRO_06.jpg


FiiO_K5_PRO_07.jpg


FiiO_K5_PRO_08.jpg


FiiO_K5_PRO_09.jpg


FiiO_K5_PRO_10.jpg

製品仕様


出力:1.5W以上(32Ω負荷時)
出力インピーダンス:1.2Ω(ヘッドホン出力)
THD+N:0.004%未満
ノイズフロア:8uV
SN比:115dB以上(A-weighted)
チャンネルセパレーション:75dB以上
DSD:64/128/256/512、ネイティブDSDデコード

出力端子:RCA/6.35mm/3.5mm
入力端子:USB/光デジタル/同軸デジタル/RCA
サイズ:幅120.5x奥行き130x高さ55mm
重量:約436g


各所の反応


[#1]
FiiO、AK4493搭載「ヘッドフォンを楽々駆動」な据え置きアンプ「K5 PRO」。2.4万円
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1252437.html



[#2]
K5 Proどうなんでしょ
K3がなかなかでしたから期待しちゃいます



[#3]
K5 PRO届きました。
実物はマットな質感で高級感と重量感があります。
ロゴもうるさくないです。
ちなみに底面に滑り止めのシリコン(?)のシートが貼ってあるのですが
予備がさらに4つ付属している。



[#4]
初めてUSBDACを買うのにA4とfiio K3で迷ってるけど
やっぱりA4の方が音質は良いでしょうか?



[#5]
>>#4
Fiioならそれの上位となるK5Proなんかが良さそう
DACはAKMのAK4493でアンプ出力も32Ω時1500mwと強力



[#6]
iFi Audio ZEN DACとFiio K5 proで迷っています
Fiio K5 proの方が光入力とRCA入出力が有るので惹かれていますが
Fiioは音が細いとか寒色との評判を聞くので心配です
接続の利便性ではFiioかな?と迷っています



[#7]
>>#6
K5 pro買ったけどたしかに線細めの寒色系だね
解像度は劣るがボーカルの滑らかさはZEN DACの方がいい



[#8]
複合機希望です
自分も色々と調べてるけど本当に数が多くて何がなにやら
3万で満足してる人も機種名挙げてもらえると助かります



[#9]
>>#8
K5 Pro (FiiO) はどうかな
バランス端子は対応してないけど



[#10]
Loxjie D30と悩んで期待できる操作性でK5にしました



[#11]
K5 Proだけど音とリモコンなしで操作できる点は気に入った
ただ、ボリューム周辺のLEDが眩しすぎる
海外掲示板でFiiOがファームウェアでは対応不可って回答してたので
何か隠すためのもの買ってこよう



[#12]
>>#11
K5 Proはノブがデカいのはいいね。
音はどう?



[#13]
>>#12
FiiO K3からのアップグレードだけど、音は癖がなくて好き
K3より全体的なパワーと解像度は上がった感じするよ

ただ、日頃はラズパイ+GPIO接続のES9038 Q2M DACボード
安いスピーカーで音楽を楽しめてる人なので糞耳です

K3をPS5用のDDCとして使って接続するための光入力端子とパソコンと接続するためのUSB入力端子
リモコン操作ではないものを探していたので、自分の用途ではK5はバッチリです





旭化成エレクトロニクスのDAC・AK4493EQ採用、XMOS XUF208のUSBコントローラー採用、Texas InstrumentsのオペアンプTPA6120/OPA1642採用、768kHz/32bit PCMおよびDSD512(22MHz DSD)に対応、入念に設計された4ブロック構成のアナログアンプ部、微細な調整ができるADCボリュームコントロール、再生中のサンプリングレートをカラーで判別できるRGBライトインジケーター、フロントのスイッチで調整できるゲイン調整機能、DCフィルター採用の外部電源方式、アルマイト処理とサンドブラストで仕上げたアルミニウムボディ、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は線が細めの寒色系でクセのないサウンド、下位のK3に比べると解像度は高くて全体的にパワーが上がっている、アルミニウムボディはマットな質感で高級感と重量感がある、ボリュームコントロールが大きくて操作しやすい、インジケーターは人によって眩しく見えるかも、バランス接続やリモコンは不要でシンプルなデスクトップ用のUSB DAC/ヘッドホンアンプを求めている人にはおすすめ、といった内容。

FiiOらしく線の細い寒色系の音でそれを好まない人はiFi Audioの「ZEN DAC」(AA)の方がいいかもしれないといったコメントもあり、音自体の評価は個人の好みで変わりそうな印象。シンプルゆえに多機能ではないけれども付加的な機能がむしろ不要なら、そのシンプルさが使いやすいという長所になる模様。あと、海外に比べると日本の価格は割高になっていますが、海外版と日本版は電源アダプターに違いがあるようなので、無難に使いたいなら国内で買った方がいいでしょうね。「K5 PRO」は現在24,000円台の価格で販売されています。