FiiO、3.5mm/4.4mm端子やダイヤル搭載で”HiFi”を謳う自身初のメカニカルキーボード(プロトタイプ)

FiiO_HiFi_Keyboard_01.jpg


FiiOといえば日本でも人気が高いオーディオメーカーで最近はスピーカーの「SP3」やキーパッドの「KB1K」といったデスクトップ向けの製品も手がけるようになりましたが、先日行われたイベントで自身初のメカニカルキーボードを展示していた模様。文面での製品情報はまだ何一つ公開しておらず・・・でも実機を見るに3.5mm/4.4mm端子やダイヤルを搭載しており、展示のプレートには”HiFi”と書かれています。

【公式サイト】FiiO--Born for Music



FiiO_HiFi_Keyboard_02.jpg


FiiO_HiFi_Keyboard_03.jpg


FiiO_HiFi_Keyboard_04.jpg


FiiO_HiFi_Keyboard_05.jpg


FiiO_HiFi_Keyboard_06.jpg
(via weibo)

スペースに余裕がある75%レイアウト、メカニカルスイッチ採用&RGBキーバックライト搭載、左側面に3.5mm/4.4mm端子を搭載、右側面にダイヤルコントロール搭載、Backspace~Enterキーの右隣にインジケーター搭載、実機を見てわかる仕様・特徴は以上。SNSの公式アカウントでもイベントで展示してますとくらいしかコメントしておらず、何か要望があったら言ってくださいみたいなコメントもしているのでまだ製品化の目処は立ってないプロトタイプではないかと。

これを最初見た時に何が”HiFi”なのかちょっとピンときませんでしたが、そういえば同郷の同業者である水月雨がMOONDROP DASHなるメカニカルキーボードを昨年に出していて、同じく左側面に3.5mm/4.4mm端子を搭載していてDAC機能も特徴としていましたからこれもそこが”HiFi”なのかも。とりあえず言える事はデスクトップオーディオに注力している今のFiiOなら水月雨より積極的に展開していきそうですし、その展開はキーボードだけに留まらないかもしれませんね。