FiiO、日本発売が決まった下位モデルでも魅力的なスペックでホワイトもある完全ワイヤレスイヤホン『FW3』

FiiO_FW3_Release_01.jpg


2023年7月に発売されるFiiOのイヤホン「FW3」。
FW5」の下位モデルでありながらQCC5141のBluetoothチップやAK4332 DACの左右独立搭載といった点はFW5と共通で、コーデックはaptX Adaptive/LHDCに加えて試験的にLDACも対応するという完全ワイヤレスイヤホン。7月28日に日本発売が決まったようです。

【公式サイト】FW3 – Fiio Japan



FiiO_FW3_Release_02.jpg


FiiO_FW3_Release_03.jpg


FiiO_FW3_Release_04.jpg


FiiO_FW3_Release_05.jpg


FiiO_FW3_Release_06.jpg


FiiO_FW3_Release_07.jpg
(via weibo)

通信方式:Bluetooth 5.2、コーデック:aptX Adaptive/aptX/AAC/SBC/LHDC、連続再生時間:約7時間、充電時間:約1時間40分、防水性能:IPX4、重量:約6g、Qualcomm QCC5141のBluetoothチップ搭載、AKM製のDAC・AK4332を独立構成で搭載、カーボンファイバーの振動板を採用した10mm径ダイナミックドライバー、低遅延を実現するゲームモード搭載、最大21時間再生を可能とするバッテリーケース、FiiO Controlアプリ対応、ダークグレー・ホワイトの2色、主な仕様・特徴は以上。LDACに関してはアプリでの設定で対応になるけれども接続が不安定になる可能性があり、現状では試験的な対応とのこと。

価格は発売前の現時点だと15,000円台で予約受付中。いち早く出回っていた中国ではFW5を持っていないならこちらを選ぶのも十分ありだと言われていたので、それに該当する人は試す価値ありかと。FiiOの製品でホワイトのモデルは日本だと後から出すパターンでしたから最初から用意されているのはある意味新展開ですし、FiiOのイヤホンで真っ白なカラーは今まで有線・ワイヤレスともなかったような・・・それも新たな魅力になるでしょう。また、このモデルは以前に投稿した記事でも取り上げているのでそちらも参考にどうぞ。

【関連記事】『FiiO FW3』 レビューチェック ~上位モデルと同じAK4332/QCC5141搭載でLDACも一応対応の完全ワイヤレスイヤホン